ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるでたまごっち!?運動量に応じてバーチャルペットを飼育できるエクササイズアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

健康を意識して運動するよう心がけていても、モチベーションを維持するのはなかなか難しい。

そんな人にオススメのスマホアプリが登場した。運動することでバーチャルペットのキリンを飼育できる「Tep」だ。

・たまごっちモデル

バーチャルペットを飼う、というコンセプトは、ひと昔前に流行した「たまごっち」に似ている。たまごっちに餌をあげたり、掃除をしたりした経験を持っている人も多いのではないだろうか。

Tepでもキリンに餌をあげたりするが、たまごっちと異なり、ユーザーが運動することでのみお世話ができるという仕組みになっている。

・運動量に応じてコインを付与

使うには、まずスマホにアプリをダウンロードし、どんな運動(ランニング、ウォーキング、サイクリングなど)をするかを選んでスタートボタンを押す。

すると、端末内のGPSなどを使ってアプリが運動量を記録する。その量に応じてユーザーはコインがもらえ、コインでキリンに餌をあげることができる。

もらえるコインの数は、運動の内容次第で増減する。またアプリ内には草やフルーツ、スイーツなどさまざまな種類の餌が用意されていて、ものによって必要とするコインの枚数が異なる。

なので、美味しそうなおやつをキリンにあげようと思ったら、相応のコインを運動して稼ぐ必要がある。

・キリンと一緒に元気に?

想像がつくかと思うが、餌をあげなければキリンは元気がなくなってくる。なので、このキリンを飼い始めたら、多くの人はキリンに元気にいてもらうために、運動せざるを得なくなる。それがこのアプリの狙いだ。

ちなみにこのアプリ、Fitbit、Jawboneといったフィットネストラッカーとも連携する。

アプリ(iOS、Android、Windows Phone)は無料。エクササイズが長続きしない、という人はお試しを。

Tep

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP