ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ONE OK ROCK、JAPAN TOUR追加公演初日に出演した洋楽2アクト–スリーピング・ウィズ・サイレンズ、アゲインスト・ザ・カレントの魅力を徹底レポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ONE OK ROCKが、5月より敢行してきた約2年ぶりの全国ツアー【ONE OK ROCK 2015『35xxxv』 JAPAN TOUR】の追加公演を2015年9月12日と13日の二日間、千葉・幕張メッセで開催した。全公演でサポートゲストを迎えている本ツアーだが、今回の追加公演初日ではアゲインスト・ザ・カレント、スリーピング・ウィズ・サイレンズという豪華洋楽2アクトが参加。今回はそんな2組の魅力を中心にレポートをお届けする。

スリーピング・ウィズ・サイレンズらライブ写真

<フロントウーマン=クリッシーがワイルドかつキュートに魅せるアゲインスト・ザ・カレントのパフォーマンス>

 この日、最初に登場したのは、本イベント日の前日に、日本のTVでパフォーマンスを初披露した、絶対的な歌唱力と美貌を持ち合わせるフロントウーマン、クリッシー・コスタンザ(Vo)を擁するAgainst The Current。イントロから大喝采に迎えられ登場した彼女たちは、王道ロックから、バラード・ロック、ハードコアな楽曲までも打ち出すウィル・フェリ(Dr)、ダン・ガウ(Gt,Vo)の堅実なバンド・サウンドに、クリッシーのポップで表現力豊かなボーカルでワイルドにもキュートにも、アゲインスト・ザ・カレント色に染め上げていく。
 
 クリッシーは茶目っ気たっぷりなMCに始まり、時には、広いステージを駆け回り、激しいダンスからしなやかに舞うようにステップするシーンもみせれば、はたまた膝を地面に着き絶唱するなど、どのショットを切り取っても絵になってしまうパフォーマンスで、多くのオーディエンスの視線を独り占め。ステージ上を華やかに演出するエンターテイナーとしての魅力も遺憾なく発揮していた。

 ライブ中盤ではONE OK ROCKのTakaがゲストで登場し、アゲインスト・ザ・カレントの日本デビューアルバム『グラヴィティ』にも収録されている「ドリーミング・アローン feat. Taka」を披露。もちろん、以前より親交の深い両者の共演とあって、ファンも期待はしていた部分はあったであろうが、このサプライズで会場はさらにヒートアップ、大きな盛り上がりをみせた。 

 終盤には、前日のTVで披露した「グラヴィティ」もプレイ。クリッシーは「本当に最高!」と喜びを爆発させながら「今日のライブは絶対に忘れないからね!ありがとう!」と感謝を伝え、ラストソング「アナザー・ユー(アナザー・ウェイ)」をオーディエンスに届け、颯爽とステージを後にしていった。

<唯一無二のヴォーカルと鮮烈なサウンドで魅せたスリーピング・ウィズ・サイレンズ>

 続いて登場したのは、ヴォーカルのケリン・クインを中心に結成された、全米で今最も注目を集める5人編成のラウド・ロック・バンド、スリーピング・ウィズ・サイレンズ。フロントマン兼リード・ヴォーカルを担当するケリンの中性的な無二のハイトーンボイスと荒々しいシャウトに、メタリックなギターリフと凄まじいドラム・ビートが交錯する「KICK ME」から始まり、メロディアスなメロディーから成る「DON’T SAY ANYTHING」など、パンク/ハードコアに、エモ、スクリーモをも取り込んだ、エモーションを掻き立てる、鮮烈なサウンドで熱狂を煽っていく。

さらにポップ・ロックなアッパーチューン「GO GO GO」、アコースティック・ギターを交えた開放感が溢れるメロディーとケリンの歌声に心奪われた「GOLD」や、「THE STRAYS」など、その幅広い演奏スキルも魅せつけてくれた。

 ライブ佳境では、激しさと美しさが重なり合うスリリングな「FLY」、そして最後はバンドの代表曲であり大ヒットナンバー「IF YOU CAN’T HANG」をドロップし、全てを呑みこんでしまうほどの大迫力のアクトを繰り広げた。ステージの去る際は、強烈な照明の光の中に消えていくという、実にスタイリッシュな演出であった。

 また、ケリン・クインはこの日最後に行われたONE OK ROCKのライブにもゲスト出演。2人のボーカルで、ONE OK ROCK史上、最高にハッピーなロック・アンセム「Paper Planes(featuring Kellin from Sleeping with Sirens)」を、国内初の共演で披露し、この日集まった22,000人のファンを大熱狂へと導いた。
 
 今回、ONE OK ROCKのサポート・アクトとして出演した海外勢の2組。Takaとのステージ上での初共演など、レアリティの高いアクトを披露した彼らだが、今後、日本でも大きな旋風を巻き起こしてくれるに違いない。なお、スリーピング・ウィズ・サイレンズはONE OK ROCKとともに、2015年9月29日から始まるオール・タイム・ロウの全米ツアーに参加することも決まっている。

写真:スリーピング・ウィズ・サイレンズ/Yoshika Horita、アゲインスト・ザ・カレント/Rui Hashimoto(SOUND SHOOTER)

◎公演情報
【ONE OK ROCK 2015『35xxxv』 JAPAN TOUR】追加公演
2015年9月12日(土)千葉・幕張メッセ
開演 16時
出演:ONE OK ROCK、スリーピング・ウィズ・サイレンズ、アゲインスト・ザ・カレント

関連記事リンク(外部サイト)

ONE OK ROCK、新曲「The Way Back -Japanese Ver.-」を10/2より配信スタート
ONE OK ROCK、北米での初アルバムより「Cry Out」MV公開
ONE OK ROCK、検索時間によって変化する24タイプのスペシャルコラボMVを公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP