体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水の代わりに“黒い温泉”を使ってメシを作ってみた!

f:id:Meshi2_Writer:20150817181213j:plain

世の中には黒いものがたくさんあります。それは、当然食べ物にもあります。そしてあまり知られていませんが、”黒い温泉”というのも存在します。
今回は、この黒い温泉を利用すれば、あの有名な黒いメシの偽物を作ったり、本来白いメシを黒くできるのではないかと思い立ち、検証してみました。

f:id:Meshi2_Writer:20150817181229j:plain

これは黒いメシの原料となる、黒い温泉です。
湯船に張るとこんな感じに仕上がります。

f:id:Meshi2_Writer:20150817181251j:plain

湯船の中に手を入れるとこんな感じ。見た目はコーヒーや醤油とほぼ変わらないですね。

この温泉は、通常、一般人が手に入れることはできません。今回この企画が実現したのは、私が黒い温泉を持つ浴場の従業員であるからです。端的に言えば、職権乱用です。

f:id:Meshi2_Writer:20150817181310j:plain

ペットボトルに入れて持ち帰った黒い温泉は、まず2つのざるに濾過紙(諸事情により、今回はティッシュ)をはさみ込み、通過させます。この工程を踏むことで、「湯の花」と言われる固形の温泉成分を取り除くことができます。 

f:id:Meshi2_Writer:20150817181327j:plain

そして殺菌のため、煮沸します。
黒い温泉の下ごしらえは完了です。

 

黒い温泉で富山ブラックのニセモノを作る

f:id:Meshi2_Writer:20150817181355j:plain

黒いラーメンといえば、誰もが「富山ブラック」を思い浮かべることでしょう。

今回は富山ブラックのニセモノを作るべく、カップラーメンに黒い温泉を注ぎます。本家もびっくりの黒いラーメンが誕生するはずです。

f:id:Meshi2_Writer:20150817181411j:plain

3分後、フタを開けてみると見事に卵が黒っぽくなっていました。
においは普通のカップラーメンです。

f:id:Meshi2_Writer:20150817181427j:plain

食べてみると、ほんのりと甘みが増し、口当たりが優しくなった気がします。
これは全然いけます。というかウマい。

f:id:Meshi2_Writer:20150817181442j:plain

この汁を見てください。黒いです。富山ブラックより黒い気がします。
私は富山ブラックを食べたことがないのでわかりません。

1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。