ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ケリー・クラークソン、ドクターストップにより6公演を中止

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ケリー・クラークソンがUSツアー日程のうち6公演をキャンセルした。喉を休ませるようドクターストップがかかったようだ。

 クラークソンはツイッターにて9月11日、「公演をいくつか中止せざるを得なくなってしまい落ち込んでいるわ。こんなの耐えられないけど、医者達が喉を休めろって言うのよ! 私は絶対に必要じゃない限りキャンセルなんてしないことを分かってね」と綴った。

 中止された公演は、ヴァージニア州ヴィーナのFilene Center at Wolf Trap(9月12、13日)、フロリダ州タンパのMIDFLORIDA Credit Union Amphitheatre(9月15日)、ウェストパームビーチのPerfect Vodka Amphitheatre(9月17日)、ノースカロライナ州ローリーのWalnut Creek Amphitheatre(9月19日)、ニュージャージー州カムデンのSusquehanna Bank Center(9月20日)だ。

 なお、クラークソンは10月1日にオタワのCanadian Tire Centre公演より【North American Piece by Piece Tour】を再開する予定だ。米国でのツアースケジュールは10月17日まで続き、その後イギリス公演へ向けて海を渡る。

 今回のツアーでクラークソンは、テイラー・スウィフトやマイリー・サイラス、リアーナ、ドリー・パートンなど、ポップス界のスーパースター達の曲をカバーしている。

関連記事リンク(外部サイト)

シェリル・リン 3年ぶりのビルボードライブ公演の初日を最速レポート
テイラー・スウィフトが国内洋楽チャート&インスタ女王に、ウォーク・ザ・ムーンも記録樹立、アデルも注目のSSWが初来日:今週の洋楽まとめニュース
彗星のごとく現れ、全米2位を記録したポップ界の新たなダーク・ヒロイン、ホールジーとは?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP