ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】マーケティング戦略に新たな光!ツイートデータを自動でためる新サービスとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

情報の拡散力に長けたTwitterのデータは、企業にとって、今やなくてはならない事業資産。

毎日アップされる膨大なつぶやきの中に、製品やサービスに関する貴重な意見が、多数隠されている。

そのデータをより手軽に、ローコストで利用できるようにしたのが、「Tweet Collector」だ。

Twitterのつぶやきを、登録キーワードによって、自動でためられる仕組みを実現。これまでコストがかかっていた過去データの分析も、気軽にできるようになっている。

開発を手がけたのは、ADDIX。デジタルソリューション事業部、ソーシャルメディア&サービス開発 Unit、サービス開発 TEAMチーフディレクター、玉仙 拓也(ぎょくせん たくや)氏が、取材に応じてくれた。

・登録キーワードで自動検索!半永久的にデータを保存

Q1:まずは、「Tweet Collector」提供のきっかけを、お聞かせください。

twitterのツイートデータは、過去7日間しか遡ることができません。それ以前のツイートデータは、販売されています。

せめて、自社に関係するツイートだけでもためたい、と思っている企業さまは多いと思い、開発・提供に至りました。

Q2:「Tweet Collector」とは、どんなサービスなのでしょうか。

ツイートを登録したキーワードで自動検索し、その検索結果のツイートデータを、丸ごとためていくことができるサービスです。

検索したいキーワード を登録するだけで、この先半永久的に、検索結果のツイートデータを、ためることが可能です。

・有料版における登録条件追加を検討中

Q3:本サービスを利用することで、企業はどのようなメリットを得るのでしょうか。

過去のツイートが必要になったとき、いつでもデータベースから取り出して、分析することが可能となります。

Twitter上の貴重な生活者の企業へのつぶやき、その内容や推移を、きめ細かく分析しますので、より戦略的に活用することができるようになります。

また、通常他社さまのサービスでは有料ですが、「Tweet Collector」なら、登録条件3つまでは、無料でご利用いただけます。

Q4:今後の展開で決まっていることがありましたら、教えてください。

現在は登録条件3つまで無料ですが、有料版で条件が追加できるようにしようと思っています。また、有料版では、取得できる項目を増やすつもりです。

ユーザー一人ひとりの、リアルな意見が反映されるSNS。その役割は、今後のマーケティング戦略立案において、ますます大きくなっていくと思われる。

本サービスが、貴重なデータ活用の糸口となることは、間違いなさそうだ。

Tweet Collector

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP