体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地元で一番有名なカツカレーを食べてみた @『とんかつ赤城』神奈川県相模原市

aka-katu2_R

すでに世間から忘れさられつつある相模原ですが、ぶっちゃけ相模原の話題性なんてそんなもんです。

恐らく次はリニアが開通するまで、何も話題になる事はないでしょう。

しかし! あえて言おう!!

「相模原にも美味いモノはある!」

と、言う訳で地味に相模原の美味しい情報を発信し、微妙な政令指定都市”相模原”をブレイクさせようと思った”自称相模原観光大使”の筆者で御座います。

『とんかつ赤城』でカツカレーを食す!

aka-katu12_R

と、言う訳で『とんかつ赤城』も紹介した訳ですが、やはり『とんかつ赤城』と言えばカツカレーは外せません。

これをレポートせずに終わるとか、片手落ちにも程があります。

なので個人的な”カレーブーム”もありますが、今回は『とんかつ赤城』の人気メニューであるカツカレーに迫ってみましょう。

ボリューム満点!『とんかつ赤城』

aka-katu3_R

すでにトップ画像でも出てるので”出オチ感”は否めませんが、基本的に『とんかつ赤城』はモリモリ系です。

特にキャベツの量が尋常ではないので、あまりキャベツを欲していない人は

「キャベツ少な目でお願いします!」

とコールした方が良いでしょう。実際、食の細そうな人は大半がキャベツ少な目オナシャスなので、特に恥ずかしい事はありません。

そして、キャベツうんぬん以前にこのボリュームで御座います……。

これで普通盛りなのですから、遠くから遠征してくる人達がいるのも納得です。

カツカレー大盛りはデカ盛り級である

akagi-katu1_R

ちなみに『とんかつ赤城』のカツカレー大盛りは、こんな感じで御座います。

まあ、普通盛りも大盛り過ぎて、今更見てもインパクトに欠ける感は否めませんが、正直デカ盛りクラスのカツカレーです。

「カツカレー大盛りが食べられなくなったら引退」

と思っている筆者ですが、コレはひとつの指標として制定すべき案件ですね。

『ラーメン二郎』の大(大盛り)と『とんかつ赤城』のカツカレー大盛りは、一般人が超える最初の壁と認識すべきでしょう。

カツが美味いぞ!『とんかつ赤城』

aka-katu6_R

そして、この『とんかつ赤城』のカツカレーが人気なのは、そのボリュームも理由のひとつですが、やはり

「トンカツ屋のカツは旨い!」

って事だと思います。そりゃトンカツ専門店のカツだから美味しくて当たり前な気もしますが、食べれば分かるこの美味しさって感じです。

aka-katu7_R

なので、あえてカレーのルーは直接かけずに、衣の食感を大事にしています。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。