ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地元で一番有名なカツカレーを食べてみた @『とんかつ赤城』神奈川県相模原市

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

すでに世間から忘れさられつつある相模原ですが、ぶっちゃけ相模原の話題性なんてそんなもんです。

恐らく次はリニアが開通するまで、何も話題になる事はないでしょう。

しかし! あえて言おう!!

「相模原にも美味いモノはある!」

と、言う訳で地味に相模原の美味しい情報を発信し、微妙な政令指定都市”相模原”をブレイクさせようと思った”自称相模原観光大使”の筆者で御座います。

『とんかつ赤城』でカツカレーを食す!

と、言う訳で『とんかつ赤城』も紹介した訳ですが、やはり『とんかつ赤城』と言えばカツカレーは外せません。

これをレポートせずに終わるとか、片手落ちにも程があります。

なので個人的な”カレーブーム”もありますが、今回は『とんかつ赤城』の人気メニューであるカツカレーに迫ってみましょう。

ボリューム満点!『とんかつ赤城』

すでにトップ画像でも出てるので”出オチ感”は否めませんが、基本的に『とんかつ赤城』はモリモリ系です。

特にキャベツの量が尋常ではないので、あまりキャベツを欲していない人は

「キャベツ少な目でお願いします!」

とコールした方が良いでしょう。実際、食の細そうな人は大半がキャベツ少な目オナシャスなので、特に恥ずかしい事はありません。

そして、キャベツうんぬん以前にこのボリュームで御座います……。

これで普通盛りなのですから、遠くから遠征してくる人達がいるのも納得です。

カツカレー大盛りはデカ盛り級である

ちなみに『とんかつ赤城』のカツカレー大盛りは、こんな感じで御座います。

まあ、普通盛りも大盛り過ぎて、今更見てもインパクトに欠ける感は否めませんが、正直デカ盛りクラスのカツカレーです。

「カツカレー大盛りが食べられなくなったら引退」

と思っている筆者ですが、コレはひとつの指標として制定すべき案件ですね。

『ラーメン二郎』の大(大盛り)と『とんかつ赤城』のカツカレー大盛りは、一般人が超える最初の壁と認識すべきでしょう。

カツが美味いぞ!『とんかつ赤城』

そして、この『とんかつ赤城』のカツカレーが人気なのは、そのボリュームも理由のひとつですが、やはり

「トンカツ屋のカツは旨い!」

って事だと思います。そりゃトンカツ専門店のカツだから美味しくて当たり前な気もしますが、食べれば分かるこの美味しさって感じです。

なので、あえてカレーのルーは直接かけずに、衣の食感を大事にしています。

『とんかつ赤城』のカツカレーは豚ロースですが、カツカレーなのに、これだけの厚さがあります。

脂のサシ加減が絶妙なロースは、やはりカツカレーの王道ですよね。

筆者の愛機『FUJIFILM デジタルカメラ XF1』を持ってしても、この美味しさ全てを表現する事は出来ません。

カレーは普通だ!『とんかつ赤城』

この”普通のカレー”と言う表現はアレですが、ぶっちゃけ『とんかつ赤城』のカレー自体は普通で御座います。

いや、そこは普通に美味しいんですけど、やはりカレー専門店みたいな尖った個性はないぞって話です。

むしろ、カツカレーはこんくらいのカレーの方が、よりカツの美味しさが前面に出てくると思うんですよね。

逆にカツカレーマニアから言わせて頂くと、カレーは美味しいのにカツがショボいと悲しくなるので、カレーは普通でもカツが檄ウマなら高評価です。

キャベツの攻略が鍵となる

とにかくボリューム満点な『とんかつ赤城』のカツカレーですが、やはり攻略の鍵は”山盛りキャベツ”にあると言っておきましょう。

あまりにキャベツの量が多いので、食べにくいのは勿論ですが、食べ進む配分にも細心の注意が必要です。

例えば普通の店のカツカレーであれば、

「カツ、カレー、ライス」

に注意すれば良いのですが、『とんかつ赤城』の場合、

「カツ、カレー、ライス、キャベツ」

となるのです。しかも雑魚キャラと思われがちなキャベツが相当に強いので、他の店とは違う『とんかつ赤城』ならではの食べ方が要求されるのです。

そして、この日のように盛り加減にも、若干のブレがあるのは否めません。

キャベツの山と思っていた部分がライスだったり、ライスと思っていた部分がキャベツだったりする”赤城マジック”が炸裂します。

なので、筆者レベルで『とんかつ赤城』に通うと、ある程度食べた段階で

「キャベツとライスの国境線」

を明確にします。こうする事でバランス良く食べ進み、最後まで”美味しいカツカレー”を味わう事が出来るのです。

『とんかつ赤城』 総評

とにかくトンカツ全般が美味しい『とんかつ赤城』ですが、やはり人気メニューのカツカレーは必食と言えるでしょうか?

このカツが超美味しいカツカレーを食べる為に、土日ともなると相模原ごときで行列が出来るほどの勢いです。

筆者は家から近いので、さして特別な店とは思っていませんが、やはり他の店でカツカレーを食べると、どうしても『とんかつ赤城』のカツカレーを基準に考えてしまいます。

それでは、是非みなさんも『とんかつ赤城』のカツカレーを食べてみて下さい。

カツカレーの常識を越えた”トンカツの美味さ”に感動すると思いますよ。

『とんかつ赤城』

神奈川県相模原市中央区千代田4-1-10

営業時間 11:00~14:00 17:00~21:00
定休日:月曜日 第三火曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP