ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラゲの美しさを際立たせる、エキゾチックな“飼育ポット”が話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今まで実現不可能と言われていた、家庭用の“クラゲ飼育器”が現実に!

ベルギー・ブリュッセルに拠点を置く「The Darwin Sect」がKickstarterで発表した「The Darwin Tank(ダーウィン・タンク)」は、クラゲの飼育用として開発されたドーム型のガラスタンク

クラゲを飼うということは、実はとても難しいそう。

クラゲは海流に流されて自由気ままに泳いでいるため、水槽内でも水流ポンプを利用して水流を作ってやらなければならない。

また水温、水質ともに変化に弱く、水槽用クーラーやヒーターで水温を一定にしておく必要があるという。

上記の理由から、通常の水槽での飼育は難しいとされていたのだが、「ダーウィン・タンク」は、「StreamMaker」というディフューザーや「JBL CristalProfi e401」のフィルターなどを起用し、見事にこの条件をクリアした。

それだけではなく、中のクラゲたちがより一層美しく見えるよう、調節可能なLED照明まで付いているというから凄い。

「ダーウィン・タンク」は現在Kickstarterにて出資を募っており、今なら1500ユーロ(日本円で約20万円)以上の出資で、1台贈呈されるといった特典も!

発送は2016年5月頃を予定しており、世界中どこでも配送可能してくれる。

出資額は高額だが、クラゲたちを眺めて癒やされる時間を思うと、背中を押されるかも!?

Kickstarter(The Darwin Tank)
https://www.kickstarter.com/projects/815660157/the-darwin-tank-an-original-jellyfish-tank?ref=nav_search
The Darwin Sect
http://www.darwinsect.com/

Kickstarter(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP