ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

aikoの新曲が10月17日(土)公開の映画『先輩と彼女』の主題歌に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

aikoの新曲「合図」が10月17日(土)に全国ロードショーとなる映画『先輩と彼女』の主題歌に起用されることが決定した。

新曲「合図」は切ない歌詞が心に染みるミディアムバラードだ。なお、リリースは現状未定となるため、続報を待とう。

映画『先輩と彼女』は、全2巻で100万部を超える南波あつこ原作の同名コミックの実写映画化。物語の主人公・都築りかが恋する先輩、美野原圭吾役にはTBS金曜ドラマ『表参道高校合唱部!』に夏目快人役で出演中で、テレビ朝日『烈車戦隊トッキュウジャー』ライト/トッキュウ1号での爽やかな演技も話題を呼んだ志尊淳を起用。圭吾への初めての片想いに胸を焦がす都築りか役は、同じく『表参道高校合唱部!』のヒロイン・香川真琴役に大抜擢の芳根京子が演じる。『東南角部屋二階の女』(2008/西島秀俊、加瀬亮)で劇場用公開作品デビューし映画界で注目を浴びる気鋭の監督・池田千尋が手掛ける。

■映画『先輩と彼女』公式サイト
http://www.senpaitokanojo.jp

【各関係者よりコメント】
■主演・志尊淳
この楽曲を初めて聞いた瞬間、ストーリーの主人公の感情と、曲がすごくリンクしているなと思いました。アレンジもすごく耳に残りやすく、切なくてきゅんきゅんする、作品全体の雰囲気ととてもあっていて、とっても素敵な曲だなと思いました! 初恋を思い出す、青春を思い出すにはぴったりな恋愛ソングだと思います。せつなさ、こころの叫びを歌を通してとても感じました。ヘビロテさせていただきます!

■『先輩と彼女』原作者 南波あつこ
もともとaikoさんの大ファンだったので、主題歌のことを聞いた時点で1回泣きました。そして実際にできあがった歌を聴いて再び泣きました! 特にサビの前の「一緒にいられるならどんな関係でもかまわないよ」のところは、歌詞もaikoさんの声もとてもかわいかったです。このフレーズはすべての片想い女子の胸を熱くするのではないでしょうか! あと、わたしが男性だったら、この曲を好きな女の子に歌われたら、たまらないと思います‼  最高のモテ歌だと思います!

■監督・池田千尋
映画の最後にaikoさんの歌声が響いたとき気持ちよく切ないその歌にグッと引き込まれながらエンドロールを見つめました。映画の中で片想いを通して子どもから大人に成長していった圭吾とりかを、またその先へと連れていってくれる素敵な主題歌をいただけたことに感謝します。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP