ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

任天堂とiPhoneの素敵な出会い――仕事にも使える『ニンテンドーワイヤレスキーボード』はiPhoneやAndroidと相性ばっちり?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ニンテンドーワイヤレスキーボード

●これは結構オシャレかもしれないっ!!

ガジェ通記者のふかみんです。ひさびさにちょっとワクワクしています。既に秋葉原では入手困難といわれている『ニンテンドーワイヤレスキーボード(以下任天堂キーボード)』ですが、近所のゲームショップでフツーに売ってるのを発見し、早速購入しちゃいました。実は長年愛用していたiPhone3GSが謎の異音を出し始め、一日10回ほどリブートを繰り返す中、根性で使い続けていたのですが、ついに音がまったくでなくなり、これでは電話できない、ということでiPhone4のホワイトにしたのです。そしてこの任天堂キーボードの色も白。あわせて購入しようかなと考えていたのですが、通販でも定価より高く売られているし、アキバでも売っていないとソル記者が言うもんだからあきらめかけていたところ、近所のショップで当たり前のように売ってました。正直に言ってしまうと、一番欲しいのはキーボードで、ソフトはある程度キーボードをいじってからちょっと遊ぼうというぐらいの気持ちなのですが、この任天堂キーボード、まだ単体での販売はされておらず、今回は、対応したポケモンソフト『バトル&ゲット! ポケモンタイピングDS』の付属品として同梱されているものしかありません。通常のポケモンソフトから考えるとプラス1000円ほどの価格でキーボードつきのソフトが売られているので、実質このキーボードは1000円ぐらい、という説もありますが、さすがに単体販売がそんなに安いわけはないと思います。ともあれ、まだ単体では発売されていないので実際はどのくらいの価格で販売されるのかは不明です。手頃な価格になればいいなぁ。

ニンテンドーワイヤレスキーボード裏側

任天堂社長による開発者インタビューでも「他メーカーさんの製品でも使える」と明かされている通り、このキーボードは、ブルートゥース規格に準拠しているため、iPhoneやAndroidスマートフォンなどでも利用できます。試しに手持ちのiPhoneに接続して試してみました。iPhone側で設定からBluetoothを選択し、任天堂キーボード側で「Fn」キーを押しながら電源ONすれば、iPhone側で「Nintendo Wireless Keyboard」というデバイスが見えます。

ニンテンドーワイヤレスキーボード斜め上

ちなみにこの原稿も任天堂キーボードで執筆してます。使い心地に関していえば、キーピッチは17mmで、大人が使うにも十分な大きさ。ただしキータッチにさほど重厚感はありません。押し下げると奥にゴムのようなやわらかい感触があり、クリック感はクッキリしてないかな? 本来ならばここでキーボードを分解してみたいところですが、僕はヘタレなので分解はしません。でも中はみてみたいので、誰かやってみてください。キータッチの好みはやはり人それぞれなので、実際友達の使っているものを触らせてもらうのが一番いいと思います。キーの配列やキーの大きさなどは、利用する人の立場にたって、よく考えてつくられていると思います。左右シフトキーも十分な大きさが確保してあります。キートップに印刷されている文字はアルファベットのみ。一般的なキーボードのように、かなが印刷されているわけではないので、デザイン的には非常にすっきりした印象です。ちなみに、iPhoneからは英語キーボードとして認識されるので、キートップに印刷してある記号と一部違う文字が出力されるものがあります。例えば「@」や「”」「+」などがそうです。また、日本語ローマ字入力モードと英字入力モードの切り替えは「HOME(家のアイコン)」+「スペースキー」でおこなうことができます。

ニンテンドーワイヤレスキーボード 単三電池2本で動く

それにしてもいまさらながらキーボードってのは便利なアイテムですよ。iPhoneもフリック入力などをきわめれば、かなり高速にテキスト入力が可能ですけど、やはりキーボードからの入力スピードにはかないません。そしてこの製品、電池込みで300グラムという軽さも魅力です。この重さであれば、ちょっとカバンに入れて持ち運び、お出かけ先で利用することも可能です。しかも安い。交換用なども考えれば、単体での販売もはやく始まって欲しいと思う。実は僕自身、iPhoneでも使えるブルートゥースキーボードが出始めたころすぐにブルートゥースキーボードを購入して使っていたんですが、会議でそれを使ってメモなどをとっていると、どうしても浮いてしまうので、会議の前に「実はこれ、iPhoneに繋いで使うキーボードでして、ほら、こんな感じでメモするときに使うと便利なんすよ~。」という説明を毎回する必要があって、だんだんめんどくさくなって自宅でしか使わなくなってしまった、という過去があったのだ。僕がきにしすぎだったのかもしれないけど。

ニンテンドーワイヤレスキーボードスタンド

手頃な価格でしっかりしたブルートゥースキーボードが普及することで、日常的にみんながスマートフォン+キーボードの組み合わせで仕事をするようになれば、それが当たり前になって、ワイヤレスキーボードも使いやすい世の中になるかもしれない。

というわけで、任天堂さんには一刻もはやくワイヤレスキーボード単体での販売も開始して欲しいと思います。よろしくお願いします!


※以下、アマゾンへのリンクを貼っておりますが、この製品の定価は5800円で、記事執筆時点の店頭価格は、5200円前後です。アマゾンでは8000円を超える価格で販売されているものもありますが、近所のおもちゃ屋さんを探すとまだ在庫もあるようですので、まずはそっちをあたるとよいと思います。

任天堂とiPhoneの素敵な出会い――仕事にも使える『ニンテンドーワイヤレスキーボード』はiPhoneやAndroidと相性ばっちり?
任天堂¥ 8,300 任天堂とiPhoneの素敵な出会い――仕事にも使える『ニンテンドーワイヤレスキーボード』はiPhoneやAndroidと相性ばっちり?

社長が訊く『バトル&ゲット! ポケモンタイピングDS』キーボード篇
http://www.nintendo.co.jp/ds/interview/uzpj/vol1/

社長が訊く『バトル&ゲット! ポケモンタイピングDS』ソフト篇
http://www.nintendo.co.jp/ds/interview/uzpj/vol2/

『バトル&ゲット! ポケモンタイピングDS』公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/typing/

バトル&ゲット! ポケモンタイピングDS
http://www.nintendo.co.jp/ds/uzpj/

ニンテンドーワイヤレスキーボード仕様、バトル&ゲット! ポケモンタイピングDSサイトより
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。