ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まぐろのまち静岡で味わい尽くす、最高の贅沢!静岡市へ行ったら、まぐろ食べ放題の「まぐろ丼」を食べよう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お刺身や寿司ネタのなかでもトップクラスの人気の食材といえば「マグロ」ですよね。昔からマグロは日本人の食卓には欠かせないもので、日本人が世界で最もマグロが好き!とも言われています。

そんな、マグロですが、水揚げ量が日本一の漁港はどこだと思いますか?

その答えは、静岡市の清水港です。

清水港のマグロの水揚げ量は、日本国内全体の水揚げ量の約50%を占め、日本一。

さらに、静岡市民の1世帯あたりマグロの年間支出金額・購入数量は、全国第1位で、こちらも日本一となっており、まさに静岡市は名実ともにマグロの町として、日本一となっています。

そこで、今回ご紹介するのは、静岡市の清水港にある「清水魚市場 河岸の市」で食べられる山盛りのマグロ丼をご紹介します。

・静岡市のJR清水駅から徒歩3分!年間100万人の来場者を誇る「清水魚市場 河岸の市」
年間100万人以上が来場する静岡市民の台所「清水魚市場 河岸の市」は、仲卸業者が直接販売する形式としては日本で初めての施設としてオープンしました。

場内は、活気に満ち溢れ、プロの目で選ばれた新鮮な魚介類や海産物などが、仲卸業者が直接販売することにより、一般的な小売価格よりも安価に購入することができます。

そんな「河岸の市」の中にある新館「まぐろ館」では、日本一のマグロ水揚げ量をほこる清水魚市場より毎日、質のよいマグロを仕入れているため、新鮮で美味しいマグロを食べることができるお店がたくさん鎮座しています。

その中でも清水魚市場の直営店「魚市場食堂」では、話題の山盛りのマグロ丼を食べることができます。

・「ストップ!」と言うまで、盛り続けられる、絶品の「まぐろ丼」
魚市場食堂で食べられる話題のマグロ丼は、数量限定の名物「漬けマグロいっぱい丼」です。自慢の自家製漬けタレでより美味しくなった漬けマグロを、「ストップ!」と言うまで丼からこぼれるまで入れ続けてくれます。ごはんの量とのバランスを考えると、3〜4杯くらいが限界かなと思いますので、乗せ過ぎには注意してください。

漬けマグロは、一切れ一切れが大きく食べ応えがあり、口の中でとろける美味しさ。酢飯とのバランスがとても良く贅沢を極めたマグロ丼となっており、漬けマグロを心ゆくまで堪能することができる一品となっています。

静岡市を訪れたら、日本一のマグロ天国・静岡市で美味しい山盛りのマグロを味わってみてはいかがでしょうか?

実はそんな静岡市の日本一のマグロの魅力を感じられるイベント「清水港マグロまつり」が、毎年10月に開催されます。

会場では、マグロ解体ショーやマグロ握り早食い大会など楽しいイベントが盛りだくさんとなっており、マグロの魅力をたっぷりと感じられるイベントになっています。

マグロが大好きな方は、ぜひ参加して、日本一のマグロを堪能してみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 魚市場食堂
場所 静岡県静岡市清水区島崎町149 新館まぐろ館 3F
営業時間 [月・火・木・金] 10:30~17:00 [土・日・祝] 10:30~18:00
定休日 水曜日
ホームページ http://www.kashinoichi.com/maguro/uoichiba.html

Via : 清水港マグロまつり 2015年10月11日(日)

静岡市では、清水港が日本一の輸入量を誇る「マグロ」に焦点を当て『清水港マグロまつり』を開催しています。
「まぐろのまち静岡」を味わい尽くすことができるイベントです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP