体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

頑固親父が作る日本一美味いカツカレーとやらを食べてみた @『アサノ』東京都町田市

asano-1_R

東京都の端っこにあるヤンチャな街、町田市にはカレーの名店があるそうで、あの硬派なグルメ雑誌『dancyu』(ダンチュウ)で

「日本一のカツカレー」

との称号を与えられたとの事……。筆者も愛読している『dancyu』の評価となると行かざるを得ない案件でしょうか?

トンカツを愛し、カツ丼をこよなく愛し、カツカレーに全てを捧げている自分としては、胸の高鳴りを抑えきれないのであります。

『町田仲見世商店街』にある名店らしい

asano-10_R

そもそもが。

町田の『町田仲見世商店街』と言ったところで、どんだけの人が興味を持つのかは謎ですが、かつて町田のディープゾーンだった『町田仲見世商店街』に存在するだけでも、筆者的にはちょっと気になる存在です。

ちなみに筆者の好きな『七麺』もコチラの『町田仲見世商店街』に古くからあるラーメン屋さんで、今でも懐かしい気分に浸れる商店街なのです。

もっとも、商店街と言うほどの大きさでは無く、狭い迷路のような路地にチョイチョイ店があるだけで、あまり期待して行くとブルーになるので御了承下さい。

なんとなく昔の香港の路地裏を彷彿させるアングラ感、まさに名店が隠れていそうな雰囲気です。

リッチなカレー『アサノ』

asano-13_R

噂の店の名前は『アサノ』と言うらしい。

恐らく、浅野さんの店である事は間違いないと思われるが、それ以前にこの看板……。

ちなみに、ここで言うリッチとは「金持ってる系」ではなく、濃いとか薄い、リッチとかリーンって話です。

asano-11_R

そして、言うほど「この奥」では無く、むしろ看板の前に『アサノ』はあったと言っておきましょう。

頑固親父が経営するカレー専門店『アサノ』

asano-15_R

そして噂では『攻殻機動隊』に出てくる公安九課の課長に似た、頑固な店主がいるらしいです。しかも、たとえ客が

「チキンカレーが食べたい」

と言っても絶対に聞き入れず、最終的には店に訪れる全員がカツカレーを食べる事になると言う噂……。

今時、そこまで頑固な親父が居る事に感動するような気もしますが、やはり自分が好きなカレーを食べたいと思った筆者です。

リッチな『アサノ』でカツカレーを食す!

asano-14_R

そして入店!

親父とガチンコバトルも辞さない勢いで入店した筆者の前に居たのは、店を継いだ息子さんの方だったと言うオチ……。

しかも、親父と違ってかなり腰の低い接客で、普通にチキンカレーも提供されていました。

「これが時代って奴か…」

しかし、そうなると逆にカツカレーが気になるのが人と言うモノ。ここはリッチにカツカレー(1450円)をオーダーで御座います。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。