ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

〈BAYCAMP2015〉に出演した“街の底”の正体は、新生イースタンユースだった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年9月5日(土)、神奈川県川崎市東扇島東公園にて〈BAYCAMP2015〉が開催された。

THE BAWDIESやストレイテナー、SHISHAMO等の有名バンドが名を連ねるなか、街の底という聞いたことも見たこともないバンド名が…。このバンドは、あるバンドの変名であるという情報を得、心躍りながらも不安な気持ちで会場に向かった。

10代後半から20代前半を中心にした多くのお客さんが、THE BAWDIESに向かう中で、街の底というバンド名に手掛かりを得た人々が、ステージの前に詰めかける。ステージには、スキンヘッドのギター・ボーカルと、恰幅の良いドラマー、女性ベーシストが構え、「俺たちは、盛り上げるためじゃなく、生きる為に唄います!」と発し、名盤『ボトムオブザワールド』に収録されている「街の底」が始まった。

そう、新生、eastern youthの登場だ!

新しいベーシストは、手水、Test Patternの村岡ゆか。前ベーシスト二宮友和より、パワフルで、さらに高い音域のイコライジング設定のため、ベースの輪郭ははっきり聴こえ、3人の音のバランスは、以前のイースタンユースとはあきらかに違っていて、別バンドとして生まれ変わったことを確信する。

本日のセットリストは、こちら。
M1 : 街の底
M2 : 沸点36℃
M3 : 細やかな願い
M4 : いずこへ
M5 : たとえば僕が死んだら

ラストは、最近のライヴではほとんど演奏されることのなかった、アルバム「口笛、夜更けに響く」から、森田童子のカバー「たとえば僕が死んだら」!

彼らにとっても、お客さんにとっても、まだeastern youthとしての完全復活ではないのだろう。まずは、2013年に出演した関係の深いフェスBAYCAMPにあくまでも「街の底」と言う名義で出演し、3人で音をだし、ステージ上で感覚を確かめ合ったのだろう。3人にとって、その感覚が確信に変わったことかどうかは不明だが、新生イースタンユースは、二宮時代のイースタンユースとは間違いなく別物であり、大きく可能性を秘めたバンド、名盤『ボトムオブザワールド』を越えていくバンドであることを期待して止まない。

「生きる為に唄う…」

北海道時代から変わらないマインドを持って、二宮時代の強固な壁をぶちこわし、新生イースタンユースとしてデビューする日を心待ちにしている。また長い道のりを進むために…。(飯田仁一郎)

〈BAYCAMP2015〉
2015年9月5日(土)川崎市東扇島東公園・特設会場

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP