ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【レコード愛好家に】これはユニーク!一見するとスーツケース、でも中身はレコードプレーヤー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「音楽を聴くならやっぱりレコード盤」という愛好家もいるだろう。

まるで1960年代に戻ったかのような気持ちになれる、ユニークなツールが発売されている。

・一見すると、普通のスーツケースに見えるレコードプレーヤー

「Electrohome Archer Suitcase Record Player」というビニールレコードプレーヤーだが、まず目を引くのは全体の形状。

一見すると、ビジネスマンが大事な書類を持ち歩くのに使いそうな、スーツケースのように見える。

しかしケースのふたを開けてみれば、中からスピーカー内蔵型のターンテーブルレコードプレーヤーが現れるのだ。

・USB端子、3.5mm aux端子も搭載

内部には、フルレンジタイプのスピーカー、木製の音響キャビネット、軽量のデジタルアンプが収納されているほか、USB端子、3.5mm aux端子が設置されている。

そのおかげで、スマートフォンやタブレットなどの電子デバイスから音楽を流したり、アナログのオーディオ機器につなげることもできる。

・操作パネルで簡単コントロール

スーツケースの外側部分に、巻き戻し、早送り、再生などの操作パネルが設置されており、ボタン1つで手軽にコントロールが可能だ。

「Electrohome Archer Suitcase Record Player」のレコード針は、セラミック製のダイヤモンド針。レコードが終了すると、自動で元の位置に戻る。

・あらゆるビニールレコード盤に対応可能

33 1/3、 45、78回転数(RPM)に対応しており、7、10、12インチ盤のレコードをかけることができるので、あなたの手持ちのたいていのレコードを聴けるはずだ。

もちろん、スーツケースタイプになっているので、持ち運びもラクラク。コンパクトにまとまったオーディオセットを、いろいろな場所やシーンで楽しむことができるだろう。

他とはちょっと違うレコードプレーヤーで、素敵なオーディオライフを過ごしてみては。

Electrohome Archer Suitcase Record Player

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP