ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

FRONTIER BACKYARD 6人の音楽家たちを迎えた新作トレーラーを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014年にバンドとして10周年を迎えたFRONTIER BACKYARD。

9月9日発売(OTOTOY配信予定)の『Backyard Sessions #002』のトレーラーが公開となった。

アルバムジャケットのデザインも手掛ける勝見拓矢が監督を務めているトレーラーは、「FBYが全プロデュースされる」企画盤の第2弾として制作された『Backyard Sessions』の全曲を通して試聴できるものとなっている。

今作は、eiichi kogrey(the band apart)、Takeshi Iwamoto(QUATTRO)、イルリメ、KOICHI(Sawagi)、玉屋2060%(Wienners)、フルカワユタカという、現在活躍中のミュージシャンであり、プロデューサーとしても定評がある6人の音楽家を迎え、それぞれがFBYをプロデュースする形で制作された作品。プロデューサーごとの楽曲の色はもちろん、FBYがどこまで変化しているのかが楽しみな1枚となっている。

また、10月には彼らが企画するイベント〈NEO CLASSICAL〉が久々に東名阪ツアーで開催決定。ゲストには東京にQUATTRO、大阪と名古屋には盟友であるthe band apartを迎えておこなわれる。さらに作品にもプロデューサーとして参加しているフルカワユタカがこの3公演ゲスト・ミュージシャンとして、数曲セッションでの出演が決定している。TGMXがインディーズ時代DOPING PANDAのプロデュースをしており交流の深い彼らのセッションに期待が高まる。東京公演には、同じく作品に参加しているeiichi kogrey(the band apart)がDJとして参加することも決定。11年目にしてプロデュースされるという新たな試みがライヴではどのように変化を与えているのか注目しよう。チケットは現在各公演好評発売中。(岡本貴之)

・FRONTIER BACKYARD
http://www.frontierbackyard.com

『Backyard Sessions #002』
※初回生産限定※
2015年9月9日(水)発売
〈収録曲〉
1: can you feel (produced by フルカワユタカ)
2: 夜の改札 (produced by eiichi kogrey from the band apart)
3: EYES (produced by Takeshi Iwamoto from QUATTRO)
4: Again (produced by イルリメ)
5: 姫 (produced by 玉屋2060% from Wienners)
6: cruise (produced by KOICHI from Sawagi)

〈FRONTIER BACKYARD presents “NEO CLASSICAL 2015″〉
2015年10月2日(金)東京 渋谷WWW
GUEST: QUATTRO / DJ: eiichi kogrey (the band apart)
2015年10月9日(金) 大阪Shangri-La
GUEST: the band apart
2015年10月10日(土)名古屋 RAD HALL
GUEST: the band apart

FRONTIER BACKYARD / “Backyard Sessions #002″ Trailer – 2015.09.09 on sale

https://www.youtube.com/watch?v=k6F4ayP1-A8&feature=youtu.be

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP