ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

つんく♂ 声帯摘出の真実と家族への思い……手記『「だから、生きる。」』刊行

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 つんく♂の「声帯摘出で声を失った」という衝撃のニュースから5か月。声帯摘出までの葛藤や、闘病を支えた家族への思いを初めて語った手記『「だから、生きる。」』が、9月10日 新潮社より刊行される。

つんく♂『「だから、生きる。」』写真など

 歌手、音楽プロデューサーとして活躍する著者を突然襲った喉頭癌という病は、一番大事にしてきた声を奪い去った……。本書では、声帯摘出に至るまでの壮絶な日々、闘病を支えてくれた妻や愛する子どもたちのこと、平坦ではなかった歌手人生、プロデューサーとして思うこと、そして、声を失って歩き始めたばかりの新しい人生について──そのすべてを、格好つけることなく赤裸々に綴っている。

 歌手として、父として、どんな逆境をも肯定し、迷いながらも前を向いて進む姿勢は、どんな境遇の人にも、明日を生きる力を与えてくれる。思いも寄らなかった事態に直面したとき、人は何を捨て、何を選ぶのか──。本書は究極の生き方論となっている。

◎著者・つんく♂からのメッセージ
学生時代からノンストップで走ってきたように思います。しかし、昨年の病気で少し立ち止まり、結果、自分を振り返る事が出来ました。人生を見つめ直し、思った事、感じた事を文字にしました。病気について、仕事や音楽について、家族含めたプライベートな事についていろいろ書きましたよ。たくさんの方に手に取っていただけると幸いです。 つんく♂

◎書籍『「だから、生きる。」』(新潮社刊)
09月08日(火)配本/09月10日(木)発売
46版(127ミリ×188ミリ)ハードカバー
224ページ(章扉にモノクロ写真7枚)
1300円(税込1404円)

関連記事リンク(外部サイト)

モーニング娘。’15 生田「絶対センター狙いたい!」宣言 鞘師による「ポゥ!」祭りや武道館2days公演発表も
Kis-My-Ft2 つんく♂書き下ろしの新曲が映画『レインツリーの国』主題歌に決定
湯川れい子×つんく♂×クミコ“次世代に歌い継ぐ子守唄”プロジェクト「うまれてきてくれて ありがとう」発売決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP