体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

堀江貴文被告緊急記者会見(1) 「ゆっくり刑務所の中で本でも読みたい」

horie_zenbun1.JPG

 堀江貴文被告は2011年4月26日17時から、都内で自由報道協会の主催により開かれた記者会見に出席。証券取引法違反の罪に問われた「ライブドア事件」で、最高裁から上告を棄却されたことで近く収監される見通しとなったことについて、「2年半近くということで結構長い時間になると思うが、またゆっくり(刑務所の)中で本でも読んで勉強してきたいと思う」と語った。

 以下、本記者会見全文。

司会・自由報道協会暫定代表・ジャーナリスト・上杉隆氏(以下、司会・上杉氏):
 17時になったので、ただいまより自由報道協会主催、堀江貴文氏の緊急記者会見を開催する。この会見は今朝午前中、ニュースにもあったように、堀江貴文氏の最高裁の上告が棄却されたこと受けて、急遽堀江氏からも含めて自由報道協会主催で会見を行う。当会主催ということで、会見のルール、運営に関しては当方の指示にしたがって欲しいと思う。また、スピードカメラも最初冒頭数分間ということで約束している。

 まず冒頭、堀江氏から今日の最高裁上告棄却を受けての一言。

堀江貴文氏(以下、堀江氏):
 今日昼12時ぐらいに弁護士の弘中先生から電話があって「上告棄却の通知が届いた」と。「棄却理由は上告理由に当たらない」ということで、我々は結構長いペーパーを上告趣意書として送ったのだが、全くその内容には触れられず。一応、最高裁判例違反であったりとか、そういった上告理由はいくつか書いたのだが、そこは完全にスルーされた。量刑不当であったりとか事実誤認だったりとか、そういったところは「上告理由にあたらない」と軽く却下をされてしまった。

 無罪を主張して争ってきた私としては、非常に残念なこと。逆に一審二審、特に二審については本当にスピード審理というか、相当短い時間。しかも、その判決文なんかも僕は読んでみたのだけど、到底納得できないところで終わっている。一審判決については、私を担当した裁判官が、一緒に起訴され、別の裁判で分割で審理がされていた宮内氏だったりとかの、僕のところでは本来使われるはずではなかった調書を読んで、裁判官らは実は(裁判を)やっている。その辺を含めて、いろいろ納得いかない部分というのがたくさんあって、それで上告をしたわけだが、棄却されてしまった。仕方ないので、おそらく1ヶ月ぐらいで収監されて、どこかの刑務所に行くことになる。一応、刑は2年6ヶ月であるが、未決勾留期間が40日あるので2年4ヶ月ちょっとくらい行くことになる。

 私が起訴された2つの証券取引法違反、偽計及び風説の流布等、有価証券報告書の虚偽記載罪については、私のブログ等で具体的に反論をして、これで罪に問われることはちょっとおかしいとずっと言ってきて、この主張に関しては今回最高裁で判決が出たが、この主張自体は一切変わらないということで、これからもしていきたいと思っている。ただ最高裁でこういった判決が出たこと、および有価証券報告書の虚偽記載罪の部分で一部16億円ぐらいの粉飾部分に関しては、私は具体的な取引の内容は知らなかったとはいえ、社長としての責任はあったので、そういった部分に関しては、民事裁判のほうで和解させていただいているというような状況にある。

 2年半近くということで結構長い時間になると思うが、またゆっくり(刑務所の)中で本でも読んで勉強してきたいと思う。僕がこういった状況になっているのに関しては、いろいろ僕に原因があった部分もおそらくあると思うので、そういったことに今後ならないように、一生懸命勉強して、また帰って皆のために役に立ちたいと思っている。それ以外、今やっているロケット開発事業であったりとか、こういったところについては、われわれの仲間たちが継続をしてくれるので、これまで通り進めたいと思う。すでに発行しているメールマガジンであったりだとか本であったりとか、そういったところも出来る限り、獄中からということになるけれど、発信はしていきたいと思っている。もしよろしければ僕のメールマガジン、なかなかこれから特に1ヶ月は、皆も僕も体験したことないけど、収監されるまでの一ヶ月ということで、結構貴重なレポートになると思うし、出てきた時も最新の情報と言うか。皆、あまり体験することがないであろう獄中のことに関しても、出来る限り代理人等を通じて発信をしていきたいと思う。これからも引き続き、出来る限り僕ができることであれば、皆の役に立ちたいと思っている。

1 2 3次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。