ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これが本物の情熱だ!外国人アーティストによる色々な折り鶴アートが絶対的美しさ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

折り紙に馴染みがなくても、あなたも一度は「折り鶴」は折ったことがあるのではないでしょうか。様々なシチュエーションに用いられ、一つの文化とも言える日本発祥の折り鶴。このほど工夫を凝らしてさらなる芸術品となったその姿が「美しすぎる」とネット上で話題になっています。

ご紹介するのは外国人アーティスト、Cristian Marianciucさんが手がけた折り鶴のセレクション。鳥の羽をまとったスタイリッシュな作品からビーズが散りばめられたラグジュアリーな作品、さらにはスパイダーマンがイメージのユニークな作品まで、バラエティに富んでいます。

他にも羽根の部分に小さな穴を開けたデザインの折り鶴は、光が当たると影絵のような効果が出て幻想的ですし、キャンドルの炎を囲むように並んだ折り鶴には、まるで生命が宿っているかのようです。 形はどれも同じでありながら、色や加える要素によってこんなにも雰囲気が変わるとは・・・。とても深い世界です。またそのような部分が、作り手にとっての醍醐味なのかもしれませんね。 私たちからすれば、このように外国人の視点を通じて日本文化の魅力の再発見に至ることがよくあります。クリスチャンさんの作品からは造形美だけでなく、一枚の紙によって生み出されるいくつもの可能性といった、折り紙そのものの魅力にも改めて気付かされます。制作のきっかけは、2歳の時に被爆し、その後原爆の後遺症と戦いながら回復を願い折り鶴を作り続けた佐々木禎子さんのストーリーからインスピレーションを得て、同時に折り鶴にも魅せられたからだそうです。今では制作は日記のようなものだそうで、作品を見ただけで当時の出来事がハッキリと思い起こされるといいます。クリスチャンさんの人一倍の熱意が込められた折り鶴アートは繊細さと崇高さを併せ持っているようです。彼のインスタグラムやフェイスブックには美しい作品が満載なので、ぜひチェックしてみてください。

@Icarus.mid.air

Facebook Icarus.mid.air

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

日本画チックでカッコいい!鬼婆とNikeハラチ
[着物スタイル] 最小限にシンプルに、美しさを引き立てる。
盆栽、クッキーで作ってみました。平井理紗さんのクッキー盆栽が甘〜い!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP