体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新築住宅を購入してあえて「リフォーム&DIY」したワケ

新築住宅を購入してあえて「リフォーム&DIY」したワケ

なぜ、あえて新築住宅をリフォームしたのか?「もちろん中古住宅を買ってリフォームも検討しました。でも、私たちの状況・希望を突き詰めたらこの選択がベストでした」という神奈川県にお住まいの宮澤さん。その「納得」の理由とは? 新居におじゃましてお話を伺いました。
入居時期・予算・希望の空間を突き詰めたら建売をリフォームすることに

「ありきたりな家にはしたくなかった。とくに好きな空間イメージと素材感を大切にしたかった」という神奈川県相模原市在住の宮澤さん夫婦は、当初、限られた予算のなかで自分たちのイメージを追求するならと、「中古住宅を買ってリフォーム」という選択肢を考えていた。ところが、妻のYさんが数カ月後に出産を控えていたため、負担をかけずに住まい探し~入居までを進めなければならなかった。

そんな矢先、今回、物件探しをサポートした横浜市の不動産会社アーキプロジェクトの担当者・田尻さんとのやり取りの中で、予算内で十分手の届く「新築の建売住宅」を「リフォーム」するという一見大胆なプランが浮上。

「中古物件をリフォームする場合、物件の状態によって、躯体補強や大規模な修繕など想定外の工事が発生する可能性もあり、コストコントロールがむずかしい。その点、新築物件の場合、そうしたリスクはほぼないですし、既存の設備を活かしながら、こだわりたい部分だけをカスタマイズするという提案をさせていただいたんです」(田尻さん)。「私たちの状況・条件に照らしたとき、まさに目から鱗でしたね。新築でもリフォームってありなんだと(笑)」(夫のTさん)

【画像1】購入物件は、神奈川県相模原市の新築建売住宅。設備・部材の仕様は、ごく一般的なタイプ(写真撮影:西村巌)

【画像1】購入物件は、神奈川県相模原市の新築建売住宅。設備・部材の仕様は、ごく一般的なタイプ(写真撮影:西村巌)DIYで自分たちの空間を演出。塗り壁作業を1日で完了!

「家族が最も長い時間を過ごす1階部分は、自分たちの好きな色や雰囲気にアレンジしたかったですね。とくに床材と壁面、これにはとくにこだわりました」とご夫婦。今回のリフォームにあたっては、田尻さんから紹介を受けた建築家・金刺久順さん(BATTIRI DESIGN代表)にプランニングと内装デザインを依頼。そして、金刺さんとの打ち合わせの中で、とくに宮澤さんがこだわっていたリビングダイニングと玄関ホールの壁面をDIYで仕上げるというプランが決まった。

「色はブルーと赤に決めてたんです」というリビングダイニングの壁面は、妻のYさんがコーディネート。以前から自身の部屋に壁紙を貼ったり、ペインティングしたりとお部屋替えを楽しんできたYさん。情報収集は、もっぱらインターネット。SNSやネットショップの口コミをつぶさにチェックしながら、今回のペンキをチョイスした。

「色調は、鮮やかでありながら、あまり軽くならないような色にしたかったんです」(Yさん)

そして、夫のTさんがこだわったのが玄関ホール。「リビング(ブルーと赤の配色)のほうが先に決まっていたため(笑)、玄関ホールはぐっと落ち着かせたかったのと、塗り壁ならではの渋さ、荒々しさといった風合いにこだわりました」(Tさん)。壁面のグレーは塗料をTさんが自ら調合してつくったオリジナルカラーだ。

【画像2】変更前。キッチンからリビングを望む。壁面はビニールクロス、合板フローリング。また、左サイドは洋室との間仕切り壁(写真撮影:西村巌)

【画像2】変更前。キッチンからリビングを望む。壁面はビニールクロス、合板フローリング。また、左サイドは洋室との間仕切り壁(写真撮影:西村巌)

【画像3】変更後。以前住んでいた部屋のイメージを受け継いだ鮮やかなブルーと赤の壁面が印象的。ツヤを抑えた質感のある無垢フローリングに変更。洋室との間仕切り壁を取り払い広々したリビングダイニングに(写真撮影:西村巌)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会