ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ジロリアンとかいう味音痴が群がるまずすぎる塊」『実話BUNKA超タブー』のラーメン二郎全店制覇記事が話題

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

キャッチフレーズが「日本をバカにする天才雑誌」だというコアマガジン社の月刊誌『実話BUNKAタブー』。雑誌名でググると「日本一ゲスな雑誌」というまとめサイトが出てきたりする。その10月号増刊である『実話BUNKA超タブー Vol.9』には

味音痴が群れをなすラーメン二郎 地獄の全37店全制覇

なる記事が掲載されており、ネット上の一部でも話題になっているようだ。

カラー7ページの特集記事なのだが、最初のページからして
「社訓からして頭おかしい」
「豚の餌と言われる二郎の真実に迫る」
「底辺層にありがたがられている」
「とにかく腹を満たしたいだけの野蛮人が好んで食べる」
と刺激的な言葉がポンポン飛び出す。

都内近郊のみならず、仙台や札幌、会津若松など37店をすべて制覇しており、

目黒店
「食べかけのような酷すぎる盛り付け」
歌舞伎町店
「通常の半分ほどの量 まずくて汚いだけ」
京成大久保店
「面倒臭い店員が作る苦くて酸っぱい二郎」
大宮店
「デブ店員が汗だくで作ってくれた一杯」

といったフレーズとともに、それぞれの店のレビューを掲載。一杯の値段も記されている。

中には「ヤバい」とかかれたドクロマークのついた店もいくつかあり、府中店などは

接客も味も最底辺 二度と行くかっ!!
領収書を求めると「ねえよ! うちそういう店じゃねえから!」と怒鳴られました。接客以前に人としてどうかしています。ラーメンも論外で、化調入れすぎで一口目から舌が痛みます。体が拒絶してやむなくギブアップ……。

といった具合である。

全体的に辛口であるが、ネット上のコメントには

「酷すぎワロタ 訴えられないかこれ」

というのもあれば

「逆に物凄い愛を感じるw」

といったものも。




特集記事の前のページが蛭子能収さんの4コマ漫画というのもなかなか趣きがある。興味のある方はお読みになってみてはいかがだろうか。

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP