体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニコミュ『ココロ』石沢克宜インタビュー「機械は自分の友達になる」

石沢克宜さん

4月29日より、ニコニコミュージカル(通称:ニコミュ)の第4弾『ココロ』が上演される。 この作品はトラボルタさんにより作られたオリジナル曲『ココロ』を舞台化したもので、2009年に水戸市芸術祭、2010年には新宿シアターサンモールにて上演され好評を博した。 今回はその『ココロ』の脚本・演出を手がけた石沢克宜さんにインタビューを行い、その人となりを聞いた。

-まずは石沢さんの略歴を教えて下さい。
演劇もやっていたんですけれど、元々PC系のライターをやっていまして。 最初のころは雑誌のムックとか、紹介本などをやっていました。 96年、97年のWindowsの黎明期頃の話です。 で、その頃って某レコード会社にいたんですよ、3年くらい。 そこでゲームの製作と広報をやっていて、ライターも仕事もちょこちょこやってて、っていう生活をしてましたよ。

-もともと編集マンになりたかった?
もともとは、……なんですかね。 でもライターの仕事は楽しかったですね。 演劇はですね、水戸市芸術祭演劇フェスティバルっていうのがありまして、今年は地震で中止になっちゃったんですけど、年に一回くらいそのイベントで色々と携わっていたんです。そのときに寺門(『ココロ』に出演している寺門文人さん)とかにも役者で出てもらっていて。 彼は彼で東京で細かい劇団の活動をやっていたんですけど、その時は「一ヶ月来てくれ」って水戸に呼び戻したんです。 そんな感じでやっていましたね。 その企画の1つとして『ココロ』の舞台をやったんですが、そのあとに水戸のコミケの一環として『ペテン師』(『ココロ』と同じくニコニコ動画の有名曲『ペテン師が笑う頃に』のこと)を実験的に上演してみました。 ちっちゃいギャラリーみたいなスペースだったんですけど、広い階段がありまして、そこを舞台に上演したんです。

-色々とやっているんですね。
時間軸的には、某レコード会社に入る前後で水戸の芸術祭に関わり始めて、サラリーマンをやりながら年一回舞台をやって、その時にちょうど寺門(文人)が出たりとかしてて。 で、
会社を辞めたのが98年くらいなんですけど、その間もライターとかしていましたね。 そこから2000年までは水戸の活動をガッツリやっていました。 その後からは映像編集の仕事もチョコチョコやっていまして……。 なんなんですかね、わかり難いですね(笑)

-今はどんな感じなのでしょうか。
今は幸いニコミュをやらせて頂いたりしているので、”脚本を書いて演出をする人”として、今年一杯は頑張っていこうかなと思っています。

石沢克宜さん2

-先ほど、お名前も出ました、寺門さんとの出会いは?
寺門が高校生の頃ですよ。彼は高校の後輩で演劇部をやろうとして、どうやっていいか分からず先生に聞いたところ「OBに水戸で芸術祭をやっているやつがいるからそっちいけ」と投げられまして、尋ねてきたので「じゃあ出ればいいじゃない」と。

-立ち位置としては演劇人?
あんま演劇人じゃないです(笑) どっちかっていうとそっちからは「違うんじゃないの?」と扱われる。 相手にされない(笑) あと映像もちょこちょこやっていたり。 あれはたまたま暇な人がいっぱいいたんで。

-映像を使った演出があるのも、映像の下地があるからですか?
そうですね。でも最近の演劇も映像を使っていたりもしていますよね。 ただ東方(ニコミュ第2弾『ニコニコ東方見聞録』)の時は映像を作って映写するチームと現地で中継するチームとニコ動で(生放送を)送り出すチームと3つチームがあって、結構大変でしたよ。 さすがにそこまでは(他の芝居では)ないんじゃないかな、と。 普通の演劇でも中継とかは入るでしょうけれど、中継チームに劇中のぽこたさんとかが客席へ入ってくるのをハンディで追うとかもやってもらっちゃったり……。 そう考えると、中継チームじゃない仕事もやってもらってるなぁ。

1 2 3 4次のページ
ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会