ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IFA 2015 : HiSense、狭ベゼルでスリムな“マジックミラー” タブレットを披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の家電メーカー Hisense は、「マジックミラー タブレット」という狭額縁でスリムな新型 Android タブレットを IFA 2015 で披露することがわかりました。「マジックミラー」と聞くと、マジックミラー号を想像してしまうのですが・・・、これは透過型ディスプレイを搭載し、片側からしか透けて見えない、という製品ではありません。マジックミラータブレットは、8.4 インチ 2,560 x 1,600 ピクセルという Galaxy Tab S 8.4 と同じサイズのディスプレイ、Rockchip RK3288 1.8GHz プロセッサ、2GB RAM、32GB ROM などを搭載。筐体の厚みは、最も厚い部分でも 0.3 インチ(7.62mm)とされており、狭額縁設計を採用しているので、最近の AQUOS PAD のようにも見えます。また、OS は Android 5.0(Lollipop)を搭載しており、オーディオ機能では Dolby Audio に対応しているそうです。Source : GizChina


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、Xperia Z3+にStagefright問題の修正アップデート(28.0.A.8.251)を配信開始
Xperia Z5でカメラUIが刷新
日本のGoogleストアでNexus 6(XT1100)が20,000円ほど値下げされる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP