ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Acid Black Cherry“泣ける本”ストーリーブック『L-エル-』重版决定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8月31日に発売されたAcid Black Cherryのストーリーブック『L-エル-』。 Amazonの“本の売れ筋ランキング2位”“エンターテインメント売れ筋ランキング1位”を記録するなど、発売以降も本のセールスランキングで上位を走る本書の重版が早くも决定した。

 この書籍は、Acid Black Cherryの最新アルバム『L-エル-』のコンセプトストーリーで、波乱の人生を送った一人の女性エルの「愛」をテーマに、その人生を綴った壮大な物語と音楽が絡み合う内容となっている。発売にあたり、アルバムに同包されたストーリーブックには収録されなかった主人公エルの看護学校時代のエピソードや、追加で描き下ろしたイラストも新たに加えた改訂版として発売中。なお、増刷分は9月11日より順次全国書店にて流通開始予定だ。

◎担当編集者コメント
「L-エル-」をひと言で表すと“泣ける本”なのですが、泣きのツボは、読者の方様々だと 思います。イラストを掲載することで、場面場面の切り替えもにもこだわり、まるで映画を観ているような、映像的な一冊となっています。

◎ユーザーの反響
“愛ってありそうでない”でも、本当は近くに愛してくれる人がいる。この物語を読んでそんなことを思いました。

きっと誰にでも、物語の主人公「エル」に何かしら重なる部分を持ち合わせていると思うので、ぜひこの物語を読んでほしいです!イラストもあって凄く読みやすいです。

女性の生き様を綴る、女性側だけの世界観と思いきや・・まさか、まさかの連続でした。

関連記事リンク(外部サイト)

浜崎あゆみ【a-nation】小室哲哉&AAA浦田と担ったシーンの大役 Acid Black Cherryはファンとアウェー戦制す
Acid Black Cherry 4年に1度の大感謝開催 8万人フリーライブ決定
NEWSのニューアルバムがビルボード週間セールス1位、ABC 3年ぶり新作も2位と好調

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP