ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安藤サクラ主演『百円の恋』第88回米アカデミー賞外国語映画部門 日本出品作品に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 国内で数々の賞を受賞した安藤サクラ主演『百円の恋』。この度、第88回米国アカデミー賞外国語映画賞部門の日本出品作品に決定した。

 故・松田優作の出身地である山口県の周南映画祭において、優作の志を受け継ぐクリエイターを発掘すべく、2012年に新設された脚本賞【第一回 松田優作賞】のグランプリ作品『百円の恋』を実写映画化。不器用にしか生きられない主人公 一子役には、700通以上の応募があったオーディションを勝ち抜いた、日本を代表する若手実力派 安藤サクラ。どん底の姿からハードなボクシングシーンまで、一子というキャラクターと心中せんばかりの迫真の熱演は、観るものを圧巻し心を熱くさせた。

 公開されるや否や、評判は日に日に高まり、数多くの映画賞を受賞した『百円の恋』だが、なんと第88回米国アカデミー賞外国語映画賞部門の日本出品作品にも決定。以下、安藤サクラと武正晴監督のコメント。

◎安藤サクラ コメント
あっぱれ、百円の恋。
この、ものすごい勢い、アカデミー賞ノミネートも期待しています。
みんなで百円握りしめて、行きましょう!

◎武正晴監督コメント
評価して、選んでいただいた全ての皆様に感謝御礼申し上げます。苦労してくれた、スタッフ、キャストと共に喜びを分かちあいたいです。「百円の恋」が1人でも多くの方に届いてくれたらと願っております。

関連記事リンク(外部サイト)

安藤サクラ×新井浩文主演映画『百円の恋』海外映画祭にて2冠受賞
安藤サクラ&桃子、姉妹で“W受賞”桃子「妹を傷つけるのが一番怖かった」
綾野剛、キネ旬“主演男優賞”を受賞「次回作に意欲を燃やすきっかけに」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP