ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小澤征爾&水戸室内管弦楽団による『小澤征爾80歳記念盤』モーツァルト、ベートーヴェン怒濤のチャートイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Top ClassicalAlbums第1位は、小澤征爾&水戸室内管弦楽団によるモーツァルト・シリーズ第5弾、ホルン協奏曲全集となった。元ベルリン・フィル首席ホルン奏者である、稀代の名手ラデク・バボラークの天衣無縫の調べに乗り、小澤征爾と精鋭・水戸室内管によるアンサンブルとなっている。2005年と2009年の定期演奏会ライブ録音。小澤征爾の80歳(2015年時)記念特別企画盤である。

 また3位と13位にも、小澤征爾80歳記念盤の水戸室内管弦楽団との共演盤が同時チャートインした。3位はモーツァルト・シリーズ第4弾。交響曲第35番「ハフナー」と第39番で、2009年、2012年の演奏会ライブ録音となっている。13位には、同じく小澤征爾と水戸室内によるベートーヴェン録音第2弾が、2週連続のチャートインとなった。8月9日から開幕した【セイジ・オザワ松本フェスティバル】も大詰め、9月1日にはアルゲリッチやゲルネを始めとした蒼々たる出演者による【マエストロ・オザワ80歳バースデー・コンサート】を開催、盛り上がりを見せている。

 第2位にはチェリビダッケとスウェーデン放送交響楽団による幻の名演がチャートイン。若い頃より多大な関心を寄せていたとされるショスタコーヴィチの交響曲第9番と第5番「革命」のライブ録音である。録音に恵まれなかったチェリビダッケのショスタコーヴィチは、ファン待望の1枚となっている。

関連記事リンク(外部サイト)

9月7日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
AKB48「ハロウィン・ナイト」がフィジカル2データで大差、ビルボード総合首位獲得
ドリカム コンプリートベストALが7度目の総合1位、神谷浩史の新作は2位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP