ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この時期のケアが肝心、「秋ツボ」で夏の疲れをリセット

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月〜木)の午前の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「PIN UP」。
8月31日のオンエアでは、夏の疲れを癒やし、秋の体へと準備する「秋ツボ」をご紹介します。

夏から秋へ変わりゆくこの時期は、夏の疲れが出てくるころ。何となくだるくて調子が出ない・・・、
そんな不調のケアにおすすめなのが“ツボ押し”です。

「体には本来、自己治癒力が備わっていて、それを生かすのがツボです。
ツボは道具もいらず、自分で簡単に実践できるケアなので、
気軽に試してほしいと思います」と言うのは、表参道にある隠れ家サロン『源保堂鍼灸院』の院長、
鍼灸師の瀬戸郁保さん。セルフケアでできる“ツボ押し”について聞きました。

この時期に一番多い不調は、冷たい飲食物をとり過ぎたことで胃腸が弱っている人。
睡眠不足や暑さで眠れないことが続き、自律神経をコントロールする力が落ちてしまう人。
そして今、とても多いのが、季節の変化に体がすぐに順応できず、夏の症状としての“のぼせ”が残っている人なのだそう。
“のぼせ”は秋まで不調を引きずってしまうことがあるので、今のうちに直しておくことが肝心だと、
瀬戸さんは言います。そこで瀬戸さんに、今すぐ取り入れたい「秋ツボ」を教えていただきました。

その1 “のぼせ”に効果のある『大陵(だいりょう)』
手首を自分のほうに向けて、一番大きな手首のシワの真ん中にあるのが『大陵』というツボ。
親指で、痛気持ち良いくらいの強さで、5〜10秒ほどグーッと押します。このツボは自律神経に関係していて、
押すことで血流が良くなり、“のぼせ”を改善することができるのだそう。

その2 胃腸の働きを良くする『足三里(あしさんり)』
ヒザのお皿の外側のすぐ下にあるくぼみから、指4本分下にある、ちょっと窪んだところが『足三里』。
親指の腹で、5〜10秒ほどグーッと押します。このツボを押すことで、食欲が出て体の中から元気になるそうです。

体にある366のツボ。自分でツボを探すには、「痛気持ち良いな」というところを探して押せばOKなのだとか。
また、ツボとは「経穴(けいけつ)」のことで、「穴」という字が使われているとおり、
ヘコんでいるところが多いので、そこを目安にするといいのだそうです。

ちょっとした時間でも簡単にできるツボ押し。上手に取り入れて、
夏の疲れをすっきりさせて気持ちよく秋を迎えましょう。

【関連サイト】 「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP