ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『カイジ』『ブラよろ』『毎日かあさん』人気マンガ家らが焼肉店と福島県でチャリティーイベント! 話をきいてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
福本氏、光山氏、佐藤氏

来たる4月23日(土)、東京在住の漫画家有志と飲食店がタッグを組み、福島県は川俣町にて地域復興イベントを行うという。

――なぜ「川俣町」?
ここ、川俣町は津波の直接被害や大規模な避難所は存在しなかったため、大きな注目を集めることはなかった。しかし、避難エリアに差し掛かった区域であることも手伝って、他県同様、農作物や畜産業に関する”風評被害”に苦しんでいるのだ。

町は「震災の”疲れ”で目に見えて勢いが無くなった」という。そんな現状を聞いて、「なにかできることは無いだろうか」と立ち上がったのが、漫画家・福本伸行氏(以下、福本先生)だった。言わずもがな、『賭博黙示録カイジ』『アカギ』『銀と金』『天 天和通りの快男児』等々、「ギャンブル人生譚」として1ジャンルを築いた人物である。

今回の復興イベントはどういったいきさつであったのか?地震にまつわる話も含め、福本伸行先生、佐藤秀峰先生(『海猿』、『ブラックジャックによろしく』ほか)、吉祥寺ホルモン酒場 焼酎家「わ」のオーナー・光山英明さんに直接うかがってみた。
(聞き手:ガジェット通信 深水英一郎、長田恒司)

――そこに「行く」んじゃなくて、人を「集めよう」、と
ガジェット通信(以下ガジェ):今回、川俣町ということなんですが。
福本伸行先生(以下福本):当初はここでこうしよう!ってプランは無かったんですよね。
光山英明氏(以下光山):そうそう。二人で電話していたところで持ち上がりましたね。
ガジェ:では、最初から、どこかで何をしよう、って決めていたわけではないんですか?
福本:決めてはいません。川俣町になったのは結果論です。僕と光山さんとで、「行こうか?」って話が持ち上がって、それを福島で前にお世話になった森崎さんに相談したんです。そうしたら「困ってる町があるのでぜひ、おねがいしたい」と言われました。
最初はホルモンをふるまいに行くだけの話だったんだけど「僕も一緒に行く」と言ったら”色紙”などマンガ家として活躍?してほしいと頼まれて、「それは構わないけど……だったら、ほかのマンガ家にも声をかけてみようか?」と打診したら「是非……!」という話になり、で、動き出しました。
とりあえずいろんな人に、……それこそ、携帯電話に入っている親しいマンガ家を中心に声をかけていって、気がついたらこれだけ大勢のマンガ家が集まってくれた。みな、本当にこころよく賛同してくれました。ありがたいです。

※編注:ちなみに、今回発表されている参加予定の漫画家メンバーはこちら(ページより抜粋)
板垣恵介 (グラップラー刃牙)
浦沢直樹 (20世紀少年)
かわぐちかいじ (太陽の黙示録)
かざま鋭二 (風の大地)
こしばてつや (Deep Love Real)
西原理恵子 (毎日かあさん)
佐藤秀峰 (ブラックジャックによろしく)
葉月京 (CROSS and CRIME)
東村アキコ (ママはテンパリスト)
福本伸行 (賭博黙示録カイジ)
真鍋昌平 (闇金ウシジマくん)
本そういち (夢幻の軍艦大和)
森川ジョージ (はじめの一歩)

ガジェ:漫画家の先生のほかに、飲食店の方が出向くそうですが。
光山:うち(吉祥寺ホルモン酒場 焼酎家「わ」)と福本さんで、肉を200kg、池尻大橋の『フレンチレストランオギノ』からは、カレー400kg(カレー100kg、米300kg)、あと地元食材として川俣町の特産品である地鶏『川俣シャモ』をはじめとした食材が出る予定です。
ガジェ:すごいですね。
佐藤:肉200kgってどのくらいなんでしょう?
光山:だいたい、1000皿分くらいでしょうか。あと、ちなみにカレーだと今回の量で400食くらいかと思ってます。

――漫画家は何ができるのか
ガジェ:今回の行動の発端として、ちょっと、もどかしいと感じるところも動機だったんでしょうか?例えば歌手だったら、歌を作る、歌を歌う、っていうシンプルな方法が思い浮かびます。でも、漫画家さんの場合って難しそう。
福本:そうだね。
佐藤:でも、その(支援の)ために読み切りを一本描くってのもキツイですよね。イラストだけでも、っていうのなら今回のようになんとかなりますが。
福本:イラストっていえば、僕、ちばてつや先生にも電話したんだ。
一同:えー!
福本:でも、ちば先生、日程が合わないので同行は難しいけれども、今回の企画に快く応じてくださった。色紙をね、ジョーと力石の2枚もフルカラーで用意してくださったんですよ。
一同:うわー…。

※編注:色紙での参加予定の漫画家メンバーはこちら
井上雄彦 (SLAM DUNK)
しげの秀一 (バリバリ伝説)
ちばてつや (あしたのジョー)
藤沢とおる (GTO)
CLAMP  (CLAMP学園探偵団)

当日の情報については、下記ページを参照していただきたい。非常に美味な食材の振る舞い、漫画家のみなさんによるサイン会などが予定されている。

いらっしゃい、川俣町。
http://www.fuku-fight.sakura.ne.jp/

日時=4月23日(土)12:00~17:00
場所=福島県伊達郡川俣町 川俣町体育館

※反響が大きく交通に支障をきたす事態が予測される場合は、ホームページを通じて告知した後に町内の安全な他施設に変更する場合もあります。最新の情報を確認してお越し下さい。
※駐車場には限りがありますので、なるべく乗り合わせの上お越し下さい。

■関連記事
アンサイクロペディアで怒りの正論! 「栄村大震災も忘れんでね!」
アニメに「今」できること 広がる『若手アニメーター育成プロジェクト』
かつて500万部を売り上げた漫画家が語る厳しい現状
かわいすぎる代表取締役“もふくちゃん”こと株式会社モエ・ジャパン福嶋麻衣子さんインタビュー(前編)
太田出版がコミック・読み物にコメント投稿できるウェブ連載空間『ぽこぽこ』をオープン

オサダコウジの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。