ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界一長いアートギャラリー、ストックホルムの地下鉄に乗ってみよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

多くの美術館があり、アートな街としても知られる北欧スウェーデンの首都・ストックホルム。この町には、実は無料で芸術鑑賞ができる最高の場所があります。

それは地下鉄の駅。1950年に開業したストックホルムの地下鉄は、現在では100以上の駅があり、ストックホルムに住む人々の生活の足となっています。

地下鉄開業以来、公共の空間でこそより多くの人にアートを楽しんでもらいたいという考えから、多くの芸術家たちが駅の壁をキャンパスに壁画を描いたり、彫刻を作ったりと装飾を行ってきました。

現在では90以上の駅で150名以上の芸術家による作品を鑑賞する事ができ、ストックホルム地下鉄は「世界一長いアートギャラリー」と呼ばれることもあるそうです。

また、駅の作り自体が非常にユニークで、日本の地下鉄とは異なっています。

自然の洞窟をそのまま利用したような駅が数多くあり、岩がむき出しのままとなっている駅もたくさんあります。しかし比較的天井が高く、色とりどりに装飾されているので、洞窟というよりもアート感たっぷりで、とても明るい雰囲気です。

また地下鉄の乗車券を購入するだけで参加できる4−5つの駅を巡るガイドツアーもあり、手軽にアートを楽しむことができます。

ストックホルムに来たけど芸術までしっかり楽しむ時間がない、という人にとっては、電車を待ちながらでも芸術鑑賞ができてしまうのも、旅人には嬉しい場所ですよね。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP