ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ひと先試食】五臓六腑に染み渡る優しさ! スープストックトーキョー『OKAYU』シリーズを食べてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

4種類おかゆ
9月7日より、スープストックトーキョーから期間限定にて発売される新メニューは『お粥』。病人食というイメージが強いお粥ですが、ビールを飲んで冷えてしまったり、夏バテして食欲がなくきちんと食べない生活……といった夏の不摂生をいたわるのに実はオススメ。ラインナップをご紹介いたします。

『東京八方粥』

中華がゆ
『東京八方粥』は食べるスープ専門店のスープストックトーキョーらしい“食べるお粥”。
東京八宝粥
ほたての貝柱と、チキンの出汁汁が香る中華粥。海老、ヤングコーン、枝豆、しいたけ、と具だくさんなので1杯で大満足。
東京八宝粥2
トッピングにはパクチーがパラリ。小腹がすいたときや食べ過ぎ、飲みすぎた次の日に食べたいお粥。

『きのことチーズのOKAYU』

きのことチーズのおかゆ
今年の新商品『きのことチーズのOKAYU』。マッシュルーム、しめじ、えのきの3種類のきのこがソテーされた洋風粥。
きのことチーズのおかゆ持ってるところ
もともとイタリアンのシェフが開発担当されたそうで、洋風・アジアのエッセンスを取り入れて、病人食イメージを一新する洋風粥に。チキンブイヨンで炊かれたこのお粥は、リゾットのような風味にも感じられます。

『豚肉とビーツのOKAYU』

豚肉とビーツのおかゆ
疲れた体へのいたわりメニューは『豚肉とビーツのOKAYU』。
豚肉とビーツのおかゆもってるところ
混ぜて食べると、ビーツのピンク色にお粥が染まり華やかに。ほっこり優しいお粥に癒されます。

『豚肉と半熟卵のタイ風粥』

豚肉と半熟卵タイ風おかゆ
タイのお粥“ジョーク”をイメージして開発されたというお粥。お粥には豚肉の団子がゴロンッと入っており、そこにアジアンテイストの香りがほわわ~んと漂います。エスニック好きにはたまりません。
豚肉と半熟卵タイ風おかゆたまごがトロリ
また、半熟卵を崩して食べるとたまご雑炊風にも変身。ナンプラーを好みで追加すればさらに味が変わり、1杯でいろんな味わいが楽しめます。

どのお粥も、五臓六腑に染み渡る優しさ! 夏のお疲れの胃腸にほっこり暖かいおかゆ。昨日食べ過ぎちゃったな、という日のバランス調整メニューにもぴったりです。

公式サイト

スープストックトーキョー
http://www.soup-stock-tokyo.com/

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好き。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。(近況:襟付きの服を着ることにしました)

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。