ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クセになりそう!?ぎゅっと握ると地図になる“卵型マップ”が面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンの地図を読むのが苦手?

でも旅行先で大きな地図を広げるのが恥ずかしいというときは、こんな地図が役立つかも!?

ハンガリー・ブダペスト在住のデザイナー、Denes Sator氏が手掛けた「Egg Map」は、その名のとおり、卵型の地図。

この地図の面白いところは、卵をぐっと握ると、通りの名前や主要な建物が描かれた地図が現れること!

イメージとしては、スマートフォンで地図をタップして、拡大するような感じだ。

超アナログ式ではあるが、中は空気が入っているだけなので、軽くて持ち運びに便利。

またウォータープルーフのため、雨や雪といった悪天候でも、気にせず使用できるのがいい。

この地図上には以下のようなマークで、公共の交通機関や病院、ホテル、教会、観光地、郵便局、公園、劇場などを表しているそう。

実用的かどうかは別として、この作業は結構楽しめるかも!?

今のところ商品化は未定だが、プチギフトや子どもの遊び道具に良さそう!

Egg Map
https://www.behance.net/gallery/13527595/Egg-Map

デザイン(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP