体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BiSH「【TOKYO IDOL FESTIVAL】最高!!」TIF代替公演で見せたクソアイドルの矜持

エンタメ
BiSH「【TOKYO IDOL FESTIVAL】最高!!」TIF代替公演で見せたクソアイドルの矜持

 元BiSマネージャーの渡辺淳之介が「BiSをもう一度始める」と始動させた新生クソアイドルグループ BiSH。出演キャンセルとなった【TOKYO IDOL FESTIVAL 2015】(以下TIF)2日目の代替公演を8月26日 Zepp Tokyoにて開催した。

BiSH キュートなライブ写真一覧

<ジャンプ禁止、リフト禁止、モッシュ禁止、ダイブ禁止とか言いません>

 TIF初日(http://bit.ly/1ImWRA9)でオーディエンスを大熱狂させるも、2日目の出演がキャンセルになる事態となったBiSH。その代替公演として開催された【TOKYO BiSH SHiNE】(略して【TBS】)は、まず渡辺淳之介による挨拶からスタートした。「今日はTIF代替公演【TOKYO BiSH SHiNE】(トーキョービッシュシネ)へようこそ。本当にすごいたくさんの人が集まってくれて、こんなに正直集まると思ってませんでした。本当にありがとうございます。TIF代替公演ということで、2日目に僕たちが出演できなかったステージをやらせて頂きたいと思います。僕たちはジャンプ禁止、リフト禁止、モッシュ禁止、ダイブ禁止とか細かいこと言いません。言いませんが、思いやりを持って、でも最大に盛り上がりましょう!」と語ると、会場に駆けつけた1354人は大歓声を上げる。

<TIF2日目でやる予定だったステージ(Heat Garage/Sky Stage)を実現>

 「TBS 2015! レディース&ジェントルマン&ボーイズ&ガールズ! ネクストアイドル……BiSH!!」渡辺の呼び込みで登場したBiSHの4人は、TIF2日目やる予定だったステージをここに実現。まずはHeat Garage(Zepp DiverCity(TOKYO))の為に用意していた「BiSH-星が瞬く夜に-」「BiSH-星が瞬く夜に-」「BiSH-星が瞬く夜に-」の3曲をノンストップで披露し、清掃員(BiSHファンの総称)が水を得た魚のようにジャンプ、リフト、モッシュ、ダイブの限りを尽くせば、Sky Stage(フジテレビ湾岸スタジオ屋上)の為に用意していた「BiSH-星が瞬く夜に-」「BiSH-星が瞬く夜に-」「BiSH-星が瞬く夜に-」の3曲をノンストップで披露し、これまた清掃員が水を得た魚のようにジャンプ、リフト、モッシュ、ダイブの限りを尽くす。という、本来TIFで見せようとしていた光景を24日後のお台場で創造。

<6tトラックで運んだという大量なムービングライトを駆使>

 そんな痛快リベンジアクトに沸騰した空間へ再度現れた渡辺は「最高だよね。ここお台場で言わせて下さい。【TOKYO IDOL FESTIVAL】最高!!! 本当に感謝しなきゃいけないですよね」と語りつつ、ライブはここから本編に入ることを伝える。まさかの夢の国よろしくのエレクトリカルパレード(MAIN STREET ELECTRICAL PARADE)で開幕した本編だが、なんと6tトラックで運んだという大量なムービングライトを駆使し、その光の演出とドラマティック過ぎる楽曲群、そして4人の必死なパフォーマンスでもって、会場は常に興奮ないし感動の渦に終始包まれていた。小さいライブハウスでは良いと思ってもステージがデカくなると「あれ?」となるアイドルグループは少なくない(かのBiSにも言えたことである)。が、BiSHの音楽とパフォーマンス(特に歌声)はZepp Tokyoに驚くほど良く映えていた。

1 2 3次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会