体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インディーゲームの祭典『BitSummit 2015』ブース総ざらいレポート:GREENゾーン

インディーゲームの祭典『BitSummit 2015』ブース総ざらいレポート:GREENゾーン

7月11日から12日にかけて京都・みやこメッセで開催された『BitSummit 2015 Return of the Indies』。約80チームのインディーゲーム開発者が作品を披露したインディーゲームの祭典から、各ブースを可能な限り総ざらいで紹介していきます。今回はGREENゾーンを紹介します。

イベント全体のレポートはこちら。各ゾーンのレポートへのリンクも、こちらに追加しています。

“ビッグブラザー”のIndie MEGABOOTHを迎え国際色豊かに インディーゲームの祭典『BitSummit 2015』レポート
http://getnews.jp/archives/1058829

G1:NIGORO

bitsummit3_green2 bitsummit3_green3

『BitSummitアワード』で大賞となる朱色賞を獲得した『LA-MULANA2』は、ゲームエンジンにUnityを採用して開発を進行中。NIGOROの楢村匠氏によると、この時点では「Unityでの作り方を把握できてきたところ」で、「まだバージョンは0.02」とのこと。ブースではUnityで開発中のプロジェクトファイルを展示。3Dモデルと光源で2Dのステージを表現するノウハウを惜しみなく公開していました。

La-Mulana2 – TGS version 2.0 -(YouTube)
https://youtu.be/PflEV7FrUtc

http://bitsummit.org/2015/?project=la-mulana2&lang=ja[リンク]
http://nigoro.jp/[リンク]

G2:YAKAN HIKO

bitsummit3_green4

アラームをセットすると、実際の時刻に合わせてゲームが進行していく“アラームプレイングゲーム”『dreeps』を出展。1月からiOS向けに配信中。開発チームの一員である平岡久典氏は、隣のブースであるOink Gamesの出展作品『伝説の旅団』のイラストも手掛けているとのこと。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。