体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2年7か月ぶりにリニューアルオープン! 新生『京都BAL』の魅力

TOP

京都・河原町で40年以上の歴史を持つファッションビル『京都BAL』が2年7か月のリニューアル工事を終え、8月21日(金)にグランドオープン。「上質なショッピング体験」をテーマに、より洗練された新生『京都BAL』の魅力に迫ります!

京都BALとは?

京都BAL外観

『京都BAL(バル)』は、最先端のデザイナーズブランドをそろえたファッションビルとして、1970年11月に開業。”BAL”とはフランス語で舞踏会を意味し、「パーティのようにいろいろな人が集う場所」という思いが込められているそうです。

以来、長年に渡り、”憧れの場所”として、京都・河原町で親しまれ続けていましたが、リニューアルのため、2013年1月末に一時閉店していました。

そして、いよいよ2015年8月21日(金)、新生『京都BAL』として、今度は「親子3代で一緒に楽しめる空間作り」を目指し、グランドオープンします。

魅力1:まるでホテルのよう! 寛ぎスペースが充実

ソファ

新生『京都BAL』は外観からして、アメリカの歴史あるホテルのような印象ですが、内装もすごいんです。フロアは木の床で、通路は広々。窓が多く、開放的な印象を持ちます。

そして、ゆったりとショッピングを頼めるよう、各フロアのエレベーターホールやエスカレーター周辺をはじめ、店舗にもソファが設置されているところがあるなど、寛ぎスペースが充実しています。

パウダールーム

特筆すべきは、4階の女性パウダールーム。かなり広めにスペースがとられており、白を基調としたヨーロッパ風で美しい内装となっています。

パウダールーム パウダールーム RIMG0339

そして奥にはなんとソファが。もはやこれは、ホテルの一室ではないですか!?

パウダールーム

そして洗面台には、『京都BAL』内にある店舗のオススメ商品が設置されています。この日は1F『NEAL’S YARD REMEDIES』のハンドウォッシュ、ハンドローションが置いてありました。『京都BAL』に来たら、一度は行くべきスポットです。

魅力2:国内初出店! ここにしかない注目の3店舗

デービットオットージュース
1 2 3次のページ
Nagaya Ayakaの記事一覧をみる

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy