ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

誰でも手軽にスマホで3Dスキャンが可能に!1m㎡より小さいカメラチップがスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3Dプリンターが各家庭にも手が届く技術となってきた昨今。それとともに注目が集まるのが、3Dスキャナーだろう。

とはいえ、3Dスキャンのためには専門的な機材を用意する必要があったり、なかなか一般の人が日常で利用するのは難しい面もある。

・新しいカメラチップで、スマホで3Dスキャンが可能に

科学やエンジニアの研究機関「Caltech」に所属するAli Hajimiri氏らのチームでは、スマートフォンで3Dスキャンができるようになる、超小型の新しいカメラチップを開発している。

・ミクロンレベルまで正確に再現

“nanophotonic coherent imager(NCI)”という技術が採用されていて、これまでの3Dスキャナーと比べても、対象を非常に正確にスキャンし、ミクロンレベルまでオリジナルのレプリカを構築できるという。

・レーザーを照射して物体を測定

“LIDAR”という技術が用いられており、対象物にスキャニング用のレーザービームの光を当てる。そして物体から反射される光を分析し、光の強度やシグナルの頻度を測定する。

これにより、物体までの距離、高さ、幅、奥行きといった物体のサイズをキャッチ。キャッチしたデータをもとに、同時にNCIが画像を再現していくという流れだ。

・超小型のシリコン製のチップ、コストも安い!

カメラチップはシリコンでできていて、なんと1平方ミリメートル以下という小ささ。この大きさなら、スマートフォンや小型のデバイスに搭載することもできる上、わざわざ専用のハードウェアを用意する必要もない。しかもチップ製造にかかるコストも安いので、大量生産にも向いている。

1ペニー硬貨を使ったスキャニングテストがすでに行なわれているが、開発チームでは、今後より大きな物体にも対応できるようにしたい意向。

近い将来、このチップがスマートフォンに当たり前のように実装される日が来るかもしれない。

Caltech

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP