ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飛行機の旅に活躍!フード部分が膨らんで、寝やすく首を支えるスマートジャケット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

飛行機で旅行する際、機内ではどうしても姿勢が制限されてしまうもの。

シートベルトで体を固定して動きにくい上、首が安定しないので、座り心地が悪くて不快……という人もいることだろう。

・飛行機の旅をサポート!Bluetooth対応のスマートジャケット

そんな悩めるあなたには、「Live Comfy」というBluetooth対応のスマートジャケットがよいかもしれない。

このジャケットは一見すると、フード付きのカジュアルなジャケット。外側は手触りのよい綿混素材で、内側が非常にやわらかいマイクロファイバーのライナーになっている。

・フード部分のエアポケットが膨らむ

人間工学に基づいて設計されたジャケットのフード部分には、空気緩衝装置や小型のエアポケットが内蔵されている。この部分が膨らみ、装着者の頭にやさしくフィットして、首回りを支える。

・圧力を分散して、首回りを疲れにくく

重さを均等に分散する働きをしてくれ、1点に圧力が集中するのを防いでくれるので、首回りが疲れにくく、座ったままでも睡眠姿勢をとりやすい。

ちなみに、空気が抜けているときは普通のフードとして機能し、見た目もいたって自然だ。

・音も静かな構造

「Live Comfy」には革新的な空気ポンプが搭載されていて、膨らむ際に音が発生することを防ぐ特殊な内部構造になっている。おかげでほぼ無音の状態を実現している。

・専用アプリから操作可能

フードのポンプは直接手で作動させることもできるが、専用のアプリを通じて、膨らみ具合をコントロールすることも可能だ。

アプリはiOS、Androidの両方に対応しており、鳥の声、川のせせらぎ、雨音などのアンビエントな音源が用意されているので、車内で心を落ち着かせるのに役立つ。

・ポンプ部分は取り外し可能 USBポートも

ちなみに、このポンプ部分は取り外しが可能で、取り外してジャケットを洗濯することもできる。
また、オーディオジャック、USBポートが設置されており、手持ちのヘッドフォンをつないだり、USBケーブルを通じて、スマートフォンや電子デバイスのチャージャーとして用いる……なんてこともできる。

ファッションアイテムとしても着やすいパーカータイプなので、ネックピローよりずっと悪目立ちしない。

・Kickstarterで出資受付中

現在、この技術は特許申請中で、クラウドファンディングKickstarterで10月1日まで資金調達をおこなっている。飛行機での旅行だけでなく、長時間のドライブや、仕事の合間の仮眠などにも役立ってくれそうだ。

Live Comfy

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP