ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

四季の自然を表現!ガラス細工のトランペットが繊細すぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ガラスでできた繊細なトランペットと、そこに止まる蜂。

カリフォルニア在住のガラス・アーティスト、Etai Rahmil氏の作品だ。

驚くのは装飾の細かさ。

蜂の羽のまでも再現している。

元は社会学を学ぶ学生だったRahmil氏は、ガラス工芸と出会い、その美しさに魅せられてアーティストに転身。

それ以来、精力的に活動を続けている。

最新作のタイトルはSymphony of the Seasons

四季の移ろいと美しさを、ガラスのトランペットで表現した。

花と命の芽吹きの季節。

旺盛な夏の生命力を表現。

落ち葉の細かさがすごい!

今にも溶けてしまいそうな…。

テーマにトランペットと自然を選んだのは、これまで芸術家としての自分をインスパイアしてくれた音楽と豊かな自然に感謝を捧げるためだという。

公式サイトでは繊細な数多くの作品を見ることができる。

Etai Rahmil
http://www.etairahmil.com/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP