ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【レシピ】アフタヌーンティー・ティールームに聞いた、アイスティーをお洒落ドリンクに変身させるアレンジレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


お友達を招いたときやホームパーティーに「サッ!」とお洒落なドリンクでおもてなしできたら素敵ですよね。そんなときにお役立ちなのがティーレシピ。

今回、アフタヌーンティー・ティールームより、食卓が華やかになるオリジナルアレンジティーレシピを教えていただきました。

アフタヌーンティー・ティールーム『シャルドネダージリン』『オレンジアールグレイ』


使用する紅茶はアフタヌーンティー・ティールームの『シャルドネダージリン』と『オレンジアールグレイ』。


水出しアイスティーの作り方は簡単。ティーバックを1個ポットに入れて水を注ぐだけ。冷蔵庫において、ティーバックを取り出せば完成。

香り高いアイスティーが出来上がります。

また、アイスティーそのままでも美味しいのですが、シュワッとさわやかな『シャルドネダージリンのコーディアルティーソーダ』とフルーツたっぷりのデザートティー『オレンジアールグレイのアレンジアイスティー with アップルジュースとパインピーチ』のアレンジレシピをご紹介いたします。

『シャルドネダージリン』のコーディアルティーソーダ


シュワッとさわやかな夏にぴったりのドリンク。自然な甘みとシャルドネダージリンのリッチな香りが楽しめます。
【材料】(グラス3個分)
・シャルドネダージリン ティーバック(5g) 1個
・水 250ml
・りんご(グリーンアップル)8分の1個
・エルダーフラワーコーディアル30ml
・炭酸水 150ml
・ハチミツ ティースプーン1杯
・氷 適量


【下準備】
・シャルドネダージリンで、濃い目の水出しアイスティーを作る
(水250mlにティーバックを入れ、冷蔵庫で8~9時間おく)
・りんごを皮付きのまま厚さ3mmのいちょう切り(12~15枚)をハチミツと絡め、1~2時間ほどなじませる
(りんごから果汁がでてシロップのようになる)


1.小さめのグラスにりんごを4枚、りんごから出たシロップ少量、エルダーフラワーコーディアル10mlをいれる。



2.氷を入れ、炭酸水50mlを静かに注ぎ、全体を軽く混ぜる。


3.あらかじめ作っておいた水出しアイスティー50mlを氷にあてるように静かに注ぐ。


4.完成! 飲んでみると、さっぱりとした紅茶の風味が香り高く、そこに炭酸がシュワシュワ。暑い夏にうれしい味わいです。


華やかなお洒落ドリンクはおもてなしすれば好感度UP間違いなし。夏休み、バイト終わりに自宅へ友達が遊びにきたときに作ってみては?

『オレンジアールグレイ』のアレンジアイスティー with アップルジュースとパインピーチ


フルーツがたっぷり使われているので食後のデザートティーにもオススメ。
【材料】作りやすい分量 3杯分
・オレンジアールグレイ(水出し紅茶)250ml(ひとり 40ml)
・アップルジュース(白濁系)180ml (ひとり 60ml)
・パイナップル(缶詰)スライス 1.5 枚分(24 個:1 枚を 1/16 カット。ひとり 6 個) 白桃ジャム(ティースプーン 5 杯)



【下準備】
・あらかじめ、カットしたパイナップルをジャムにからめて、和えておく ひとりカットパイン 6 個位(ティースプーン山盛り 1 杯)
.250ml の水をガラスのポットに入れ、その中にティーバッグ 1個(5g)を入れて、 8~9時間置いて水出しアイスティーを作る


1.グラスに 下準備したパインを6個位入れて、氷をたっぷり加える。


2.アップルジュースを氷に当てながら静かに入れる。


3.ジュースの上に出ている氷から、伝うように紅茶を注ぎ入れる。


4.グラデーションの美しいドリンクが完成! 飲む前に全体をよくかき混ぜて、パイナップルを食べながら飲んでみて。パイナップルの食感と紅茶の風味が一緒に楽しめます。

一見難しそうなのですが、準備さえばっちり整えておけば、あとはグラスに順番にいれるだけ。こんなにお洒落なドリンクが作れちゃいます。

アフタヌーンティー・ティールームのティーバック『シャルドネダージリン』と『オレンジアールグレイ』は9月2日までの期間・数量限定販売です。

※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:erini 企画:ガジェット通信

取材協力:アフタヌーンティー・ティールーム http://www.afternoon-tea.net/
こんな求人見つけました
ティー紅茶アフタヌーンティーレシピ

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP