ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【アメリカ西海岸 最新レポ】 アメリカの「豆腐文化」をけん引するのは日本のあのメーカー!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


海外旅行の楽しみ、その1つが、地元のスーパーマーケット。日本ではまったく見かけない食品に遭遇したり、現地の人々の生活をかいま見られたりと、とても楽しいです。
今回、アメリカ西海岸にある地元でおなじみのスーパー「Ralphs」に行ってきました。Ralphsは、数あるスーパーの中でも価格がリーズナブルで“庶民派”のお店として親しまれているそうです。
そのスーパーの加工食品のコーナーで「TOFU」を見つけました。そう、豆腐です。別に、豆腐そのものを海外で見かけるのは最近、それほど珍しくなくなってきました。しかし驚いたのが、ズラリと並んだ豆腐のメーカーが「House Foods」、ハウス食品だったことです。
日本のハウス食品といえば、まずパッと思い浮かぶ商品は「バーモントカレー」「こくまろ」などのカレールーでしょう。ほかに、調味料やシチューなどもありますが、ハウス食品が豆腐を率先して製造しているイメージは、まずありませんでした。
ハウス食品の公式サイトによると、アメリカの現地法人で「ハウスフーズアメリカ社」があり、“アメリカに新たな豆腐文化を広げます”とのこと。店頭で見たように、豆腐、しらたき、お揚げ、こんにゃくなどを現地で製造・販売していました。現地法人のページには“Tofupedia”があったり、豆腐を使ったレシピを載せていたり。日本人におなじみのカレールーもなくはないですが、とにかく豆腐が全面に出ています。
「豆腐はヘルシーなグルメ」と、アメリカでもようやく一般的になってきたころ。そのけん引役が、ハウス食品なのです。
 
House Foodshttp://www.house-foods.com/
(Written by AS)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
【USAレポート】 ニューヨークは「みそ汁」ブーム? カフェのスープにも
【韓国リポート】国際問題なんて関係ない?韓国の「日本食」は年々拡大
【USAレポート】 現地スーパーで増える日本の調味料 vs 韓国のり

Nicheee! | ニッチー! | テレビリサーチ会社がお届けする情報サイト
カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP