ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Jolla、Androidアプリも動くSalfish OSタブレット「Jolla Tablet」の一般販売を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android アプリが動く「Sailfish OS」を開発しているフィンランドのメーカー Jolla が Sailfish OS を搭載した初のタブレット「Jolla Tablet」の一般向けに販売すると発表しました。Jolla Tablet は昨年 11 月よりクラウドファンディングサイト「Indiegogo」で販売が行われていました。それが IndieGoGo 以外でも販売されるようになったのです。現在は、Jolla の公式サイトで Jolla Tablet の予約受付が行われており、予定では 10 月末より発送が開始されます。Jolla Tablet は、7.85 インチ 2,048 × 1,536 ピクセル(330ppi)の IPS 液晶ディスプレイ、Intel Atom 1.8GHz クアッドコアプロセッサ、2GB RAM(LPDDR3)、32GB / 64GB ROM(Micro SD カード対応)、背面に 500 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、4,300mAh バッテリーなどを搭載しています。IndieGoGo で発表された際には、ラインアップは 32GB モデルだけでしたが、一般販売で新たに 64GB モデルが用意されました。価格は、32GB モデルが €215.32(約 31,000 円)+ VAT、64GB モデルが €241.13(約 34,700 円)+ VAT です。しかし、Jolla が発送する地域は限定されており、EU、ノルウェー、スウェーデン、米国、カナダ、オーストラリア、インド、香港だけとなっています。日本から購入する場合は対象国の転送業者を利用するなど少し手間がかかります。Source : Jolla


(juggly.cn)記事関連リンク
Android Wear v1.3でGoogle翻訳をサポート
Google、インタラクティブなウォッチフェイスをサポートしたAndroid Wearのメジャーアップデートを発表
今後発売されるAndroidスマートフォンではプリインストールされるGoogleアプリが少なくなるかも

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP