ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『アサシンクリード』最新作の新要素を紹介する映像が公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

Ubisoft Entertainmentは、2015年11月12日(木)の発売を予定しているアクションゲーム「アサシンクリード シンジケート」(PC/PlayStation 4/Xbox One)の最新ゲームプレイムービーを公開した。「アサシンクリード シンジケート」は従来のシリーズに比べ新しいゲーム要素が大幅に増えるとされているものの、依然としてその多くが謎に包まれたままだった。

ゲーム紹介

「アサシンクリード シンジケート」は1868年のスモッグに覆われたロンドンを舞台にした、華麗なグラフィックスが人気のステルスアクション最新作。ロンドンのギャングに所属する主人公の男女(兄妹)2人を操り、シリーズ共通の敵であるテンプル騎士団と闘っていくというストーリーだ。今回の舞台ロンドンでは、産業革命が成し遂げられ日の沈まない「大英帝国」となったイギリス最盛期を時代背景として、ギャングの抗争に主軸を置いたストーリー展開が予想される。

今回公開されたゲームプレイ映像では、今までに無い豊富なアクションが紹介されている。6月に開催されたE3において、馬車アクションや大規模なギャングの抗争といったものは既に紹介されているが、今回はさらに9の新要素が紹介された。

1. より効率的に敵を倒せ

戦闘中に敵のライフが減っていれば、まとめて敵を倒すことが出来る。映画のような演出で華麗なモーションによる敵の一掃は、非常に爽快感がありそうだ。

2. 手綱を握れ

ロンドンに無数に存在する馬車を奪い、自由に走らせる事が可能。これにより、警察など追っ手を上手く巻くことが出来る。通行人を吹き飛ばす事ももちろん可能だ。

3. 馬を撃て

「アサシンクリード シンジケート」の主要な乗り物である「馬車」。敵が馬車で追ってくるとなかなか手ごわいが、本作ではその「馬」を撃つことで、馬が町中を暴走し簡単に敵を倒したり、追手を巻き込むことが出来る。また馬を2回撃つことで馬を殺し、馬車ごと破壊することも可能。

4. 死体を色々な場所に隠せ

本作では再び、死体を担ぎ隠すことが可能になった。また、必要に応じて元の場所に戻すことも可能。ギャングの抗争など、戦略上重要になりそうなアクションだ。

5. ナイフで町中のガジェットを破壊

ナイフは遠くから敵を倒すだけでなく、町中のさまざまなガジェットを応用することができる。ナイフの物音で敵をまとめておびき出し、頭上にある重量物を投げナイフで狙い、切り落とす事でマルチキルが可能となっている。

6. 自分が死ぬ様子を見れる

本作ではなんと、自分が死亡した際、敵に残虐に処刑される様子が克明に描写されるようになっている。首を捕まれ、包丁で何度も脇腹を刺されるなど、今までに無い痛々しい描写が見て取れる。これを見たプレイヤーは、きっと殺されたくないと思うはずだ。

7. ロンドンの名所を見てみよう

19世紀ロンドンの空気感が見事に再現されている本作。ロンドンの著名な建築物を探検することも、大きな醍醐味の一つとなりそうだ。映像では、セント・ポール大聖堂のてっぺんにある十字架に上り、ロンドン市街を一望する素晴らしい眺めを紹介している。

8. フィールド上の細部も見逃せない

ロンドンの歴史探索としては、19世紀当時のカラフルな広告などが町中で忠実に再現されているなど、細かい作り込みも見どころだ。何の変哲もない道路や産業革命期の住宅、スモッグに覆われたロンドンの空など、歴史マニアにはたまらない光景が広がっている。

9. 「ブラディ・ノラ」を倒せ

現在公開されているゲームデモのクライマックスに登場する敵対ギャングのボス「ブラディ・ノラ」。実はギャングの抗争前に、彼女が馬車に乗るのを妨害することで倒す事が出来る。これにより、彼女のギャングと抗争する際に通常と異なる演出が行われるという。このようにストーリーの自由度が上がったことで、様々なルート分岐が予想される。

北米では10月23日に発売予定の「アサシンクリード シンジケート」。まだ明らかになっていない要素も多く、今後も最新情報から目を離せそにない。日本では11月12日(木)発売予定。

※画像は『Ubisoft – Assassin’s Creed Syndicate』(https://www.ubisoft.com/en-GB/game/assassins-creed-syndicate[リンク])及び、
『youtube』(https://www.youtube.com/watch?t=262&v=L-l-5vuYpSw[リンク])より引用

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: littlered) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP