ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ルーク・ブライアンVSドクター・ドレー 米ビルボード・アルバム・チャートを制したのは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 注目されていたルーク・ブライアンVSドクター・ドレーの対決は、ルークに軍配が上がり、アルバム『キル・ザ・ライツ』がNo.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 8月7日にリリースされた、ルーク・ブライアンの『キル・ザ・ライツ』、そして、ドクター・ドレー16年ぶりのアルバム『コンプトン』。前作『クラッシュ・マイ・パーティー』の首位獲得、大ヒットを受け、知名度は一気に上昇し、カントリー界の主力となったルーク・ブライアン。先行シングル「キック・ザ・ダスト・アップ」がNo.1を獲得し、カントリーの主要ラジオ局でもかかりまくっていたことから、本作の首位獲得は間違いないであろうと、予想されていた。結果、34万枚を突破して、自身2作目のNo.1アルバムとなったわけだが、対抗馬であるドクター・ドレーの『コンプトン』も、30万枚という驚異的な初動枚数を獲得し、2位に僅差でデビューした。

 ドクター・ドレーがルークを破り、首位デビューする可能性は、十分にあった。というのも、本作『コンプトン』は、デジタル・ダウンロードと、ストリーミング(視聴)のみのリリースで、パッケージ(CD)の発売は一切ない。同時に、パッケージの主力となっているLP盤のリリースもなく、ドレ―のリスナー層を考えると、ダウンロードだけでは、少々ハンディとなってしまったのではないかと思われる。今回、同時にパッケージのリリースもあれば、ルークとの差、約5万枚は埋められた、もしくは超えられたという展開も、十分に考えられるが、チャートやセールスには特化しない、というスタイルを貫いた結果なのか。ドレ―は、本作がラストアルバムだとも断言している。

 上位2作の初動セールスには到底及ばなかったものの、3位にデビューしたのは、ヒット曲満載のコンピ盤『ナウ』シリーズの55作目。リリース毎、常にTOP10入りが約束されるほど人気のシリーズで、本作には、今週返り咲きの首位を獲得した、オーミの「チアリーダー」をはじめ、シングル・チャートでTOP10内にランクインしている、メジャーレイザー&DJスネークの「リーン・オン」、スクリレックス&ディプロ&ジャスティン・ビーバーの「ホウェア・アー・ユー・ナウ」など、この夏を盛り上げたナンバーが目白押し。

 続いて、4位にはクリスチャン・ラッパー、トビーマックの7thアルバム『ディス・イズ・ノット・ア・テスト』が初登場した。【グラミー賞】でコンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・アルバム賞を受賞した前作『アイ・オン・イット』から、2年ぶりとなる新作で、通算4作目のTOP10入り、4枚目のクリスチャン・チャート首位獲得となった。ゲストには、エレクトリック・ポップユニットのキャピタル・キングスや、クリスチャン・ロックバンドのD.C.トーク、シンガーソングライターの、ホリー・ミランダ等が参加している。

 5位以下には、テイラー・スウィフトやエド・シーラン、ドレイクなど上半期からランクインし続けているアーティストが、変わらず名を連ねている。アップルのストリーミング・ポイントが加わったことを受け、若年層からの高い支持を得ているアーティストは、アルバム・チャートでもセールスを伸ばすようになった。

 21位には、次世代を担うイケメン・カントリーシンガー、マイケル・レイのデビューアルバム『マイケル・レイ』が初登場。男気溢れるワイルドなルックスとロック寄りのカントリー・サウンドが、女性ファンを中心に人気を博し、デビュー曲「キス・ユー・イン・ザ・モーニング」は、カントリーのエアプレイで首位、総合チャートではTOP10入りを果たしている。今後、目が離せない注目シンガーだ。

Text: 本家 一成

関連記事リンク(外部サイト)

8月29日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
8月29日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
ドクター・ドレー『Compton』 ヒップ・ホップの生きる伝説が渾身の力で故郷に向き合ったキャリア最終作

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP