ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初の車椅子ユーザー用フィットネス・モニター「Freewheel」に注目が集まる理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テクノロジー・コンサルタント会社の大手、Accentureに最近買収され話題になった 、ハイテク・デザイン会社Chaotic Moon Studios。

このテキサスをベースにするデザイン会社から、ウェアラブル業界では世界初の、肢体不自由な車椅子ユーザー用のフィットネス・モニターという新しいガジェットの開発が発表された。

・車椅子を使う社員のアイディアが形に

現在スイミングやランニング、テニスなど、運動量を測定するフィットネス・モニターは各社から様々な種類が発売され、まさに飽和状態。

しかし、Chaotic Moon Studiosで働く、車椅子ユーザーのTyler Hively氏は、車椅子用のフィットネス・モニターがないことに気がつき、「Freewheel」のアイディアを発案。

そこから、この世界初の車椅子ユーザー用フィットネス・モニターの開発が始まった。

・ウェアラブル業界が見過ごしていたジャンル

「Freewheel」は車椅子の車輪の間に装着するディバイス。他のフィットネス・モニター開発会社が今まで着目しなかった、車椅子を動かすための腕筋肉の動きなどを計測する。

物体の向きや角速度を検出する計測器、ジャイロスコープやホール素子センサーを使い、スピード、加速度、高度などを測定。道のコンディションの違いも測定。

Bluetoothを使い、データを心拍数と一緒にスマホやスマート・ウォッチに表示する。

・発売まで数ヶ月 次のスタンダードになるのか?

Chaotic Moon Studiosによると、数か月後の商品化予定に向けて特許申請もクリアしたそう. 最高の仕上がりにするため、発案者のTyler Hively氏から車椅子ユーザーとしてのフィードバックを聞きつつ、現在開発中だ.

2020年に東京で行なわれるオリンピック/パラリンピックの頃には、あらゆるスポーツ人口に対応するフィットネス・モニターが、お店に並ぶことになるのか。まずは世界初の車椅子用フィットネス・モニター、「Freewheel」の第一号商品の発売に期待したい。

「Freewheel」

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP