ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

幅わずか7.5mm、世界最小の3Dプリントのミニチュアドリル しかもちゃんと動く!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

手の届く技術となった3Dプリンター。日頃から愛用しているという人もいるかもしれない。

・世界最小サイズのミニドリル

そんな3Dプリンターを使って、超ミニサイズながらもちゃんと動く、世界最小の動力ドリルを制作した人物がいるという。ニュージーランドのエンジニア、Lance Abernethy氏である。

・3Dプリンター「Ultimaker 2」を使用

氏は「Onshape」という3DのCADソフトウェアを使って、フルサイズの本物のドリルを参考に、コンピューターのモデルを制作。

「Ultimaker 2」という3Dプリンターを使って、ミニドリルの本体ケースを境目でちょうど半分ずつに分けて出力を開始した。すべて出力するのに25分ほどかかったという。

・内部にはモーターや電池を搭載

その後は、内部の電子構造を構築する手順にかかる。本体内部に小型のモーター、電源ボタン、補聴器用電池を配置し、ヘッドフォンケーブルで固定した。この工程にはおよそ3時間を費やした。

・高さ17x幅7.5x長さ13mmというミニサイズ、穴もあけられる

完成したドリルは、高さ17x幅7.5x長さ13ミリメートルという超ミニサイズ。こんなにミニサイズなのに、やわらかい物体ならちゃんと穴をあけることが可能だという。しかもコードレス仕様になっているのでお手軽に利用できる。

公式ではないものの、まさに世界最小レベルのミニチュアドリル。広がる3Dプリントの可能性を感じさせてくれるユニークな試みである。

Lance Abernethy working drill

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP