ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もう電球はいらない!?太陽光の反射で部屋を明るくする「Lucy」が面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「また部屋の電気、つけっぱなしにして!」こんなふうに怒られた経験は、誰にでもあると思う。

そんな心配もなくなりそうなアイテムが、この「Lucy」。

太陽光で室内を照らす、スマートでインテリジェントなデバイスだ。

・特殊なミラーで太陽光を反射

「Lucy」の集光は、内部に組み込まれた、特殊なミラーによって行われる。設置した場所で、一日を通して太陽の動きを追い、その光を反射する仕組みだ。

反射光は照明となって、そのまま室内を照らす。さらに、先端のフォトセンサーが、太陽の位置を検出。自動で向きを変える機能も、ついている。

・手間もコストもかからない手軽な太陽光発電

太陽光が差し込む所であれば、どこでも設置可能。

屋内外を問わず、双方に設置できるよう、設計されている。

一般的なソーラーシステムのような、面倒な取り付け作業も必要ない。

コストをかけず、気軽に太陽光発電システムを、取り入れることができるというわけだ。

イタリア人の開発チームが考案しただけあって、デザインも斬新。お部屋のインテリアとしても、十分活用できる。

・出荷開始は2016年春以降

現在、ホームページでプレオーダー受け付け中の「Lucy」。出荷開始は、来年4月以降になる予定だ。

東日本大震災以降、電気の節約は日本国民にとって、最重要事項の1つ。手軽な太陽光発電で、節電に貢献してみてはいかがだろうか。

Lucy

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP