ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これでプライバシー対策もバッチリ! 顔認識システムをブロックするメガネ『PrivacyVisor』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

自分の行動がまるわかり!恐るべき「顔認識システム」の実態!

インターネットの利用が当たり前になった現在、『Facebook』『LINE』や『twitter』など、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)も一般的に利用される様になった為、誰もが気軽に、たくさんの写真をネット上に公開出来る様になりました。

単に写真がネット上に公開されるだけなら、まだ良いのですが・・・。

実は、コンピューターの発達により、これらの写真は、「顔認識システム」によって、たちどころに分析をして、人物の特定をする事が可能になっています。

つまり、ネット上に、自分が写っている写真によって、プライバシーがまるわかりになってしまう、という事なのです!
自分で撮った覚えがなくても、他人の写真の一部に自分が写りこんでいれば、それだけで、自分のプライバシーが暴かれてしまうのです!

「”顔認識システム”に対抗出来る、プライバシーを守る、何か良い手段は無いものでしょうか・・・?」

実は、この度、「顔認識システム」をブロックするメガネが開発されました。

それが、『PrivacyVisor』です。取り急ぎ、ご紹介致します!

世界初!「顔認識システム」をブロックするメガネ!装着するだけで、人物を特定出来なくさせる『PrivacyVisor』とは?

FAAVOさばえ/めがねのまち鯖江が挑戦する『近未来のメガネ』開発に参加しませんか!/「PrivacyVisor」
https://faavo.jp/sabae/project/726

『PrivacyVisor』は、装着するだけで、「顔認識システム」をブロックして、人物を特定出来なくさせるメガネです。

国立情報学研究所の越前功教授の開発によるこのメガネは、「顔認識システム」のパターン(ルール)に着目し、メガネの装着により、顔として認識させなくさせるいくつもの技術を駆使して、「顔認識システム」をブロックします。

その技術は、学会でも高く評価され、越前教授は「第13回 ドコモ・モバイル・サイエンス賞」において「先端技術部門優秀賞」を受賞しております。

そして、「PrivacyVisor」は、海外の数多くのメディアに取り上げられ、現在、話題沸騰中です。

現在、「強度が高く、軽くて人体に優しい」、チタンをメガネフレームに採用、量産化のコストの一部をFAAVOのサイトで、現在20,000円~にて、出資募集中です。

鯖江市牧野市長も、『Privacy Visor』の製品化プロジェクトに、全面的に応援中です。

Privacy Visor製品化プロジェクトへの市長コメント
https://youtu.be/9NwkKTvYVa0

「顔認識システムをブロックするメガネ『Privacy Visor』。
その実体は、世界的なメガネの産地、「鯖江」とIT技術がタッグを組んだ、ハイテクな新時代のメガネでした。」

※『Privacy Visor』の記事の執筆に当たっては、『FAAVO』様に執筆の連絡を行い、ご承諾を頂いております。
※イラスト:さし絵スタジオ2 http://www.clip-studio.com/clip_site/download/sashie/sashie_top
※Girlsイラスト:http://furu-yan.jimdo.com/(筆者自筆)
※撮影:FURU

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: FURU) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP