ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラーメンの頂点を目指す『進化』の塩ラーメンを食す! @『進化』東京都町田市

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

さて、今回は町田で一番人気のある『進化』の塩ラーメンを紹介してみましょう。

その前に町田と言っても誰も知らないと思われるので、町田市について軽く補足しておきますと

「東京都の外れにあるヤンチャな街」

って感じです。若者に活気があると言うか、ちょいちょいヤンチャな方向に突っ走る感じでして、時に世間を騒がせる事件を起こすのが筆者のイメージする町田市です。

まあ、筆者も町田に住んでいた事があるので、悪い事は言えないのですが、逆に褒めるべき点もさして無いので、ココら辺で町田の話は終了しましょう。

ラーメン激戦区の頂点に立つ『進化』

そして何気に町田はラーメン屋さんが多く、一応は”ラーメン激戦区”と呼ばれています。まあ、それを言ったら川崎だって横浜だって相模原だって激戦区と言われてるんですけどね。

と、町田を徹底的にディスる筆者ですが、そんな町田の中でもこの『進化』のラーメンは別格です。

オープンして数年の若い店ですが、その注目度は高く多くの雑誌で紹介され、今では町田を代表するラーメンとして町田市民に認められています。

『塩ラーメン』を食す!

『進化』のラーメンは塩ラーメンを軸に数種類が提供され、限定ラーメンなども積極的に行っているので、ラーメンマニア的には目が離せません。

しかし!

初めて紹介する店は、極力その店のスタンダードを知って欲しいので今回は

『塩ラーメン』(700円)

をチョイスしてみました。この『塩ラーメン』が無ければ、今の『進化』のラーメンは無いと言うくらいの基本メニューで、まさに『進化』を代表する看板メニューです。

『進化』の洗練された黄金スープに惚れた!

基本、天の邪鬼な筆者なので、人が美味い美味いと言えば言うほど

「言うほどじゃ無いんじゃね?」

みたいな斜め上からの目線で店に入るのですが、この『進化』のスープは本当に美味しかったりします。

店内には『進化』のスープに使われる材料の一部が書いてありますが、それだけでもかなり多くの材料を使っている感じですね。

ここまで複雑な材料を使いながら、これだけ研ぎ澄まされたスープを作るのは、かなり試行錯誤を繰り返し研究したと思われます。

あまりラーメンで”淡麗系”とか言いたくない筆者ですが、この『進化』のラーメンは、まさに最近の流行である”淡麗系”もとい”清淡スープ”のド真ん中と言えるでしょう。

しかも、かなり”あっさり”した見た目ですが、そのボディには鶏の旨みを強く感じる力強さがあります。

鶏ガラの他に”丸鶏”も使い鶏肉の旨みをスープに加え、さらに厳選した乾物類で味をまとめ、複数の塩を使って初めて出せる美味さですね。

麺の固めは完全拒否!

美味しいラーメンを極める為に『進化』では”麺固め”のオーダーを受け付けていません。

なぜなら『進化』の麺は、すでに”一番美味しい茹で加減”で提供されているからです。

その考え方… まさにミー・トゥーで御座います。

筆者も常々、初めて来たであろう挙動をする客が、なんのためらいも無く

「麺固め」

をドヤ顔でキメ打ちするのは、如何なモノかと思っていました。とりあえず「麺固め」って言っておけば通みたいな風潮は、明らかにラーメン業界においてマイナス要素です。

誰よりも、その店の麺について知っている店主が茹でる麺の茹で加減こそ、その麺にとってベストな状態と考えるのが普通です。

チャーシューは低温調理仕上げ

『進化』のチャーシューは豚の肩ロースを”低温調理”したモノです。

もはや最近の常識と化した”チャーシューの低温調理”ですが、これは流行とかそういうのでは無く、科学的な調理法にのっとった結果なのです。

一見、まるで火が通っていないように見えますが、ちゃんと60~65度で数時間加熱して殺菌されています。

「火が通ってない(赤い)豚肉は食べちゃ駄目!」

と言うのは、ある意味正解ですが全てに当てはまる訳ではありません。

この『進化』のチャーシューを食べてみれば分かりますが、やはり”低温調理”されたチャーシューは一味違います。

『塩ラーメン』 総評

とにかく『進化』のスープに度肝を抜かれた筆者で御座います。

無論、低温調理で作られたチャーシューや「麺固め不可!」とするコダワリの麺も美味いのですが、そこら辺は一般的に”美味しいラーメン”とされる店なら、まあ珍しくはありません。

しかし、この『進化』のスープはヤヴァィですね…

今までに食べた、どのラーメンよりも感動しました。いや、もはや感動を通り越して”衝撃的”と言っても過言ではありません。

ちなみに世間一般は”お盆休み”だと言うのに、この『進化』は営業しています。

ぶっちゃけ、かなり儲かってるんじゃないのレベルの人気店ですが、その一時の勝利に酔いしれず、常に先を見ている店主の姿勢には頭が下がりますね。

常に”限定メニュー”などで新しいラーメンを研究し、より美味しいラーメンを求める姿勢… この店主の情熱こそが『進化』のラーメンの美味しさの源である事は間違いないでしょう。

と、言う訳で筆者のラーメンリスト、しかもかなりの上位に入った『進化』のラーメンを是非、みなさんも試してみて下さい。

『進化』

東京都町田市森野3-18-17 ウイング森野

火~土 11:00~15:00 18:00~21:00
日曜祝日 11:00~17:00

定休:月曜日(祝日の場合営業、翌火曜休み)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP