ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】自作の曲を世界へ!音楽配信サービス「TUNECORE Japan」の新たな幕開け

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自分の楽曲を、世界中の配信ストアで販売できる、アメリカ発の音楽配信サービス「TUNECORE」。

その日本版にあたる「TUNECORE Japan」も、今年で3年目を迎える。

iTunesやamazon music、レコチョクなど、国内外問わず、多くの販売網を持つ本サービス。

7月には、あのApple Musicでの楽曲提供もスタート。日本のミュージックシーン活性化に、期待がかかる。

今回、取材に応じてくれたのは、Wano、TuneCore Japan KK、代表取締役社長の野田 威一郎(のだ いいちろう)氏。音楽とITの結びつきに、かなり早い時期から、着目していたようだ。

・世界111か国で配信!売上は100%利用者に還元

Q1:まずはさかのぼって、「TUNECORE Japan」提供のきっかけから、お聞かせください。

2010年頃に、できる限りアーティストと近い位置で、音楽×ITといったサービスを作りたい、と考えていました。

当時アーティスト活動をしていた友達から、米国の「TUNECORE」というサービスの存在を知り、色々と調べたところ、こういったサービスが日本にはまだないとわかり、米国へ交渉に行ったのがきっかけです。

Q2:サービスの特徴と仕組みについて、詳しく教えてください。

自分で作った楽曲を、利用者であれば“誰でも”、世界中(約111ヶ国)の配信ストアで販売できる、米大手音楽配信サービス、「TUNECORE」の日本版です。

サービス利用者は、シングル(1曲)1,410円、アルバム(2曲以上)4,750円 (共に税抜き)の年間利用料で、最短2日で世界配信を行うことができます。

また、楽曲の売上はサービス利用者に、100%還元されます。

・年内に続々新規提携を予定

Q3:Apple  Musicの無料トライアルついては、某有名アーティストが楽曲提供を拒否するなど物議を醸しましたが、楽曲の収益還元を重視される御社としては、今回の件に関して、どうお考えになりますか。

結果として、無料トライアル期間中に、アーティストに収益がしっかりと還元されることになって、本当によかったと思います。

そして、それに応えるべく、新しいサービス形態である定額制のストリーミングサイトにも、たくさん楽曲を提供していきたいな、と思います。

米国では、ストリーミングサービスをきっかけにファンが増え、DL数も増えた事例も出ています。こういったイノベーションを、どのように利用するかが、今後重要になってくると思います。

Q4:今後の展開で決まっていることがありましたら、教えてください。

2015年内に、国内の複数配信サービスとの新規提携、また外資系の配信サービスとの提携も予定しています。

弊社サービス利用者の音楽を、さらに多くの場所、そして人々へお届けできますよう、より一層のサービス向上に、努めてまいります。

プロアマ、ジャンルを問わず、すべてのユーザーが利用できる「TUNECORE Japan」。

名曲の原石が、ここにはたくさん隠されているに違いない。

TUNECORE Japan

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP