ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベッドの中を常に適温に!米国で大人気の睡眠ガジェットがパワーアップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Amazonでランキング1位を獲得した睡眠ガジェットの新バージョンの開発に、目標の10倍もの資金が集まっている。

・空気でベッドの中を最適な温度に

「BedJet v2」は、ベッドの中の温度を最適に保つ、パーソナル・エアコン。

ユーザーの好みに合わせて、ベッドの中に温かい空気や、冷たい空気を送り込む。

わずか10秒ほどで蒸し暑い掛け布団とベッドの間の空気を冷やし、ユーザーの体を快適にクールダウン。

キングサイズ・ベッドでも、180秒以下で空気循環作業を完了し、眠りを妨げないよう音も静かだ。

「BedJet v2」の温度調節機能が、寝ているユーザーの睡眠バイオリズムをモニターし、一晩中より質の良い眠りのための最適な温度に調節する。

・初代モデルはAmazon売り上げ1位!

初代モデルの「BedJet v1」は、昨年Kickstarterで資金を集めて商品化され、発売6ヶ月でアメリカのAmazonでベッド&マットレス関連のランキングで売り上げ1位を獲得。

今回の「BedJet v2」では、iPhoneとAndroid 両方使えるBluetoothアプリや、一人ひとりの睡眠バイオリズムを学習するファームウェアをアップグレードした。

・体感温度の違いに対応 新機能満載の「BedJet v2」

また、新型「BedJet v2」はキングサイズベッド向けに“Dual Zone”を採用。

「BedJetv2」を2つ使いベッドの両端にそれぞれ設置した後、特許出願中の掛け布団“AirComforter”を使って好みの温度をセットすれば、1つのベッドの中で、暑がりさん側と寒がりさん側両方の温度調節ができる。

‘Budget v1’の反響の大きさを反映して、 新しいバージョンの開発は注目を集めているようで, 2万4000ドルを目標にしたKickstarterキャンペーンには、すでに10倍以上の20万6000ドルが集まっている。

残念ながら現在のところ日本への配送はしていないが、北米向け商品は通常販売価格499ドルの商品を249ドルで先行予約できる。

しかし、ヨーロッパ向けに240V電圧まで対応するモデルもあるので、近い将来新型「BedJet v2」が日本に上陸する日は近いかもしれない。

BedJet v2

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP