体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「PCが起動しない」「思い出の写真が」「大切なデータが」データ復旧の一部始終を見た!

01-1IMG_8317_R

展示会等を取材していると、企業の担当者と名刺交換する機会がよくある。たいていは、その後にメールマガジンや営業のメールが来ることになる。それ自体は一向に構わないのだが、せっかく取材させていただいた企業なので一通り目を通すことにしている。
そんな中、5月に取材した「IT WEEK」(拙稿 http://getnews.jp/archives/959385 参照)の出展企業からメールが届いた。

かいつまんで紹介すると、「PCが起動せずHDDの故障と思って業者に復旧の依頼をしたら見積もりが13万円。驚いて持ち込まれたHDDを初期診断をするとHDDの故障はなかった等、特に夏場に悪徳業者被害が多くなっているのでお気を付けください」という内容。

記者はWindows3.1の時代からPCを使っているので、何度となくHDDを吹っ飛ばしてきた。だからHDDは消耗品であることを経験から知っているので、自分で作成したデータはバックアップを取る癖がついている。バックアップ先は昔ならCD-RやDVD-R、その後HDDそのものが安くなればHDDに、最近はクラウドにアップロードしている。
OSやアプリケーションは入れ直せば何とでもなるが、自分のデータは消えればそれでおしまい。

個人ならかけがえのない思い出の写真や、動画、音楽データや住所録。法人であれば顧客データや財務資料等消えれば即社会問題になりかねないものまで。いずれにせよ、HDDは寿命がくればデータは消えてしまうものなのでバックアップを取るしか自衛手段はない。
それでも、ある日突然、まだそんな時期ではないと思っていた時にPCが起動しないとなれば慌てて復旧業者に持ち込むのも自然な流れだろう。

PCに限らず、デジカメのSDやCF(コンパクトフラッシュ)、スマホのマイクロSDでも同じことだ。誰もが起こりうるストレージのトラブル。しかし、いつでも頻繁に起こるものではないので、無縁でいままで過ごしてきた方も多いはず。
もし、今この記事を見ているときにHDDが不調になって動かなくなってしまったら。
考えただけでも恐ろしいことではないだろうか。

何度も同じ経験がある記者はとりあえず、このメールを発信した会社を訪ねて話を聞くことにした。

01-2IMG_8227_R

訪ねたのは「Dr.データ復旧」というブランド名で展開している台湾の企業、DATA RECOVERY TECHNOLOGY株式会社の渡辺和彦さん。

--まず最初にお尋ねしたいのは、なぜ見積もり段階で悪徳だと言われたのですか?実際に料金を請求されたわけではないのだから、構わないのではないのですか?

「HDDは精密機器であるため、一定の温度・湿度を保つことが重要です。ですから高温多湿の夏場には相談件数が増加する傾向にあります。しかし、PCが壊れたからといってHDDが壊れているとは限りません。接続端子の接触不良、HDDの不安定状態等さまざまな可能性が考えられます。メールでの事例ですが、お客様は弊社に来られる前に、他社で初期診断を受けていました。診断レポートによると、磁気ヘッドと磁気プラッタともに破損が確認されており復旧難易度が高いため、復旧料金は13万円~となるとの内容でした。そこで事情をお伺いしたところ、継続通電による更なるダメージが考えられたため、直接HDDを開封し初期診断を行いました。その結果ですが、”HDDが開封された痕跡がない”、”磁気ヘッドは正常に動作する”、”磁気プラッタは無傷”という状態でした。従いまして物理的障害がないと判断し、HDDを組み立て直し、再度弊社の設備を使って何とかデータの読込みが出来ていました。ただ、不安定な状態でしたので、すぐにデータをバックアップしました。もちろん、故障ではないので、復旧料金等は一切発生しませんでした。この事例でお分かりの通り、何も調べていないにも関わらず高額な請求をして、それでも復旧できればいいのですができなくても技術料として請求されるのは納得できなかったのです」

--よくわかりました。では、御社の場合はどう対応されるのですか?結果的にデータを復旧させれば料金がかかり同じことではないでしょうか?

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。