ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

あの瞬間何してた? 3月11日14時46分前後のつぶやきを表示する『地震前後ツイート』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『地震前後ツイート』 ガジェット通信発行人の場合

3月11日14時46分、マグニチュード9.0の揺れが起きる前、何をしていたか覚えていますか? 東日本大震災が起きた瞬間、『Twitter』のタイムラインがは地震に関するツイートで埋め尽くされ、人の心もまた大きく揺れたことを実感しました。当時、自分は何をしていたのかツイートで振り返れるのが『地震前後ツイート』です。

『地震前後ツイート』 より

『地震前後ツイート』は、地震が起きる前の5ツイートと起きた後の10ツイートを表示するサービス。ためしに、『ガジェット通信』発行人のアカウントを見てみると、地震が起きる前は「『ひこにゃん』争奪ついに法廷へ」などの記事公開のお知らせをツイート。しかし、22分後には「全部落ちた」というつぶやきとともに編集部本棚の本が床に落ちている写真を投稿、1時間後には地震関連記事の速報をスタートしています。

家族の安否を問いかけるツイート、被害状況を伝えるツイート、『Ustream』でのテレビ中継を拡散するツイート。『地震前後ツイート』のトップページには「当時を生々しく思いだすことがあるので、ご注意ください」と記載されていますが、ふだんの日常が一変した様子が生々しく記録されています。あの瞬間の前後に、何をつぶやいていたのか。自分や友人の『Twitter』IDで振り返ってみてはいかがでしょうか。

地震前後ツイート
http://sembo.jp/zengo/
※画像は同サイトより引用。
※制作者はexonemoの@1000b氏です。
 
 

■関連記事
【顔の見える支援】三陸のおいしいかき再生を目指す“オーナー制度”がアツい
電波時計が調子悪くないですか?「福島原発事故の影響がこんなところにも」
巻き取り式の太陽光発電システム『モバイルソーラーユニット』が値下げ
ボランティアが足りているというのは幻想です。今こそ立ち上がりましょう。
マイナー避難所の支援方法

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。