ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ちょっとした買い物に便利!ウェアラブルで支払いできる「bPay」がスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キャッシュレスで買い物ができるようになって久しい。

クレジットカードはもちろんのこと、コンビニなどでのちょっとした買い物はSuicaやPasmoで、という人は多いだろう。

その「ちょっとした買い物」をリストバンドやキーホルダーでできるサービスを、イギリスの大手クレジットカード会社「Barclayscard」が展開している。

・アプリでチャージ

bPay」というのがそれ。bPayには支払い用ツールとして、リストバンド、キーホルダー、シールの3つを提供している。

使うには、ユーザーはまずツールにチップを挿入し(シールはNFC内蔵)、スマートフォンにアプリをダウンロードする。

次に、支払いに使うクレジットカード(Visa、マスターカード)かデビットカードを登録し、そのカードからbPayツールにお金をチャージする。

すると、ユーザーはbPay支払いを導入している小売店などで、リストバンドやキーホルダー、スマホの背面などに貼ったシールをかざすだけで支払いできる。

・キャッシュレス、財布も不要

これの便利な点は、ちょっとした外出時に財布を持ち歩く必要がないこと。

例えばジョギングやペットの散歩のとき、リストバンドでさくっと飲み物を買う、ということができる。

しかもクレジットカードのようにわざわざ財布をポケットやバッグから取り出して、そこからさらにカードを出すという動作もなく、リストバンドなら手首をかざすだけ。

また、支払いの履歴チェックやチャージがアプリでいつでもできるというのも便利だ。

・1回の買い物は4000円以下

現在のところ、チャージできるのは最大200ポンド(約3万8000円)、1回の買い物は20ポンド以下となっている。

スターバックスやマクドナルドといったチェーン店やスーパー、ドラッグストアなど数千もの店舗で利用できるという。

Apple Payに代表されるモバイル支払いに加え、今後はウェアラブル支払いも注目を浴びそうだ。

bPay

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP